働きかた

【ブログに反応がないと落ち込む前に】声なき読者が圧倒的です

【ブログに反応がないと落ち込む前に】圧倒的に多い、声なき読者の存在

一生懸命ブログ書いてるのに、誰からも反応がない。

これ、すごく寂しいんですよね〜。

 

ブログ書いてる人なら誰でも、

「読んでくれてる人がいる」

という実感がほしいもの。

ネットに公表する=誰かに見てもらいたい

なので、そう考えるのは当然だと思います。

紙の日記やオフラインのメモ帳に書いてるわけじゃないですもんね。

 

ただ、事実として

「ちゃんと誰かに届いてるかどうか」

って、すっっっごく分かりにくいです。

私もブログ始めた当初は1日のアクセス数が1とかで

ゆきみん
ゆきみん
(自分じゃね?笑)

 

「こんな調子で書いてて意味あるのかな…」

といじけてた時期もありました。

しかも、どれだけアクセスがあったとしても

「内容がどんな風に届いてるかどうか」

まではなかなか分かりません。

 

タイトル見てクリックしただけで

「なんだ、つまんねっ」

って、サイトからすぐ離れてしまったかもしれないし…

 

今でもすごく覚えてるのですが、当時私のブログを読んだ方が

「本当に助かりました、書いてくれてありがとう!」

とわざわざ連絡をくださったのは、ブログ開設して半年後でしたね。

 

ただ、最近

「ちゃんと伝わってるんだ!!」

というのをすごく実感した出来事があったので、今回はその話をしたいと思います。

 

結論から言うと、ブログは

「読んでもらえてない」

のではなく

「声なき読者が圧倒的に多い」

ということなので、落ち込む必要はまったくありません!

反応がないのは当然

【ブログに反応がないと落ち込む前に】圧倒的に多い、声なき読者の存在

ブログの読者さんって

「読んで感想をくれる希少な読者」

よりも、

「静かに応援してくれている声なき読者」

の方が圧倒的に多いです。

 

イメージだとこんな感じ!

【ブログに反応がないと落ち込む前に】声なき支持者の存在に気付こう

これはアナリティクスを少し細かく見れば分かりますが

「アナリティクスなんて見てらんないよ〜」

って方は、ふだんのご自身を少し思い浮かべてみてください。

 

…最近読んだブログ、すべてにコメントしたり感想を書いたりしましたか??

そんな超〜マメな方、とても少ないと思います。

 

私自身、ふだん他の方のブログやYouTubeに積極的にコメントを書き込むタイプではありません。

でも、だからといって応援していないわけではなく

「今日も面白い記事だったなあ!!」

とか

「いい文章書くよなあ〜すごいなあ〜」

とかって思ってるわけです。

 

でも、それをわざわざ書き込むのは、少し勇気がいるというか…。

少なくとも毎日することではありません。笑

同じような方多いんじゃないかな?

 

最近「声なき読者さん」の声を聞く機会がありました。

1つ目は、先日実施したポストカード送付企画。

【無料】ポーランドから皆さまへポストカードをお送りします!
【無料】ポーランドから皆さまへポストカードをお送りします!ポーランドから皆さまへ、ポストカードをお送りします! お申込みいただいた方全員にお届けしますので、ぜひご参加くださいね。 詳...

応募の際アンケートに答えてもらい、

「今後話してほしいことがあればぜひ!」

という項目を1つ用意しました。

 

すると結果、信じれないほど質の高いメッセージがたくさん届いたんです。

2年以上ブログとYouTubeを続けてきて、これは初めての経験でした。

「え?こんな読者さん(視聴者さん)一体どこに隠れてたの??」

と思ったほど。笑

嬉しくて何回も読み返しました。

 

おそらく、ふだん

「直接感想を書くのはちょっと…」

という方であっても、

「応募のついでなら書きやすい」

という方が多かったのだと思います。

とっても嬉しかったです。

ゆきみん
ゆきみん
ありがとうございます

 

「声なき読者さん」の声を聞くことができた2つ目の機会は、個人相談です。

オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】
オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】オンライン個人相談サービスでは、テレビ通話やチャットを通じてゆきみんと1対1で会話していただけます。 不安やモヤモヤしていること、...

個人相談に申し込んでくださる方の中には

「今までコメントを残したりしたことはないけど」

「1対1なら、誰かに見られるわけじゃないから話しやすい」

と言ってくださる方が結構いらっしゃるんです。

 

TwitterやYouTubeだと自分のアカウントを使ってコメントをすることになるので

「ちょっと気が引けるなあ…」

と思う方が多いのかもしれません。

 

声を出して応援するわけではないけど、静かに応援してくれている。

そんな声なき読者さんって実はたくさんいるんですよ〜!!

(声なき支持者=サイレント・マジョリティとも言いますね)

気にせず書き続けよう

【ブログに反応がないと落ち込む前に】圧倒的に多い、声なき読者の存在

「声なき読者さんの声を聞くって、結構ハードル高いなあ」

というのが正直なところです。

私も

  • ポストカードをお送りする機会
  • 直接話す機会(個人相談)

を設けて初めて「声なき読者さん」の存在に気付きました。

 

…もちろん、だからといって

「みんなにポストカード送りましょう!」

と言うつもりはありません(笑)

 

ただ、

声なき読者が存在する

という事実を知っているだけで、すごく気持ちが楽になるんじゃないかな?

と思うんです。

 

私たちって、想像だけで判断してしまうことが意外と多くて

特に

「数の捉え方」

に関しては、残念なくらい勘違いしちゃってることが多々あります。

 

私が読んで

「なっるほどなー」

と思ったのがこちらの本なんですけど

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド
1,782円(09/23 00:22時点)
発売日: 2019/01/11
Amazonの情報を掲載しています

私たちが日ごろ「思い込んでいる」データを正しく見る方法が書かれているんですが

これを読んだおかげで、ブログ運営に関しても冷静に数字を見られるようになりました。

※私には取り憑かれたように数字を気にしてた時期があります。笑

【実証済み】Twitterのフォロワー数1000人で十分食べていけます
【実証済み】Twitterのフォロワー数1000人で十分食べていけますこの記事では、 Twitterのフォロワー数1000人で 十分食べていけるよ!! って話をします。 ...

 

「コメント数少ないなあ…」

「いいねの数少ないなあ…」

なんて心配しなくて大丈夫。

 

物事は数字だけで判断できないし、数字に表れないところでも、いろんな現象が起きています。

なので、個人的には

「ブログの反応ほしい!どうやったら反応もらえるの?」

と考えていくよりも、

「きっと誰かに届いてるはず」

と信じて、地道にコツコツ書き続けることの方がよほど大事だと思います。

 

それから、

読者さんの層も影響する

これは結構大きなポイントだと思います。

例えばこのブログでは

「内向的な性格で会社で悩んだ経験」

についての記事も結構書いているので、そこから本ブログを知ってくださる方も多いです。

そうすると、当然

「皆が見てるコメント欄に書くのはちょっと苦手で…」

という人の割合は通常より多くなるはずです。

 

…といった感じで、なんにせよ

「反応をもらう」

というのは結構難しいんですよね!笑

 

反応をもらおうと書く文章もいいけれど

自分のために書いた文章が、思わぬ形で誰かの役に立つこともあります。

きっと誰かが見てくれているから大丈夫です。

あまり気負わず、楽しく書いていきましょう!

 

このブログでは他にも「個人が情報発信で生きていく方法」に関する記事を書いているので、気になる記事からぜひご参考ください!

情報発信の1番の報酬は、お金ではなく繋がりである
情報発信の1番の報酬は、お金ではなく繋がりであるブログやYouTubeで情報発信を始めて2年と少し。 これまでの自分だったら想像もしなかったことなんですけど… 最近皆さんの...
ゆきみん
ゆきみん
気楽にいこ
ABOUT ME
ゆきみん
「ありのままの自分を仕事にしよう」。"スゴイ人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万人。