考えかた

子どもの将来の夢がYouTuberだと、心配ですか?

少し前、子どもの将来の夢調査でYouTuberがランクインしていることが話題になった。
そしてまさに自分の子供が「ユーチューバーになりたい!」と無邪気に答えた場合、親としてはたまったもんじゃないらしい。ヤフー知恵袋にも「このままでは我が子が…」みたいな相談が多数寄せられているようだ。

この現状、まろけにどう思っているのか聞いてみた。

ゆきみん
ゆきみん
昔からやってる人としてはどう思う?
まろけ
まろけ
本人がやりたくて、しかもやれるなら、やったら良いと思うよ(満面の笑み)

うーん、そうだよね。この満面の笑みに隠されたまろけの思いは、聞かなくても分かる気がする。

どうやったらYouTuberになれるの?YouTuberって何してるの?

可愛い視聴者さんからたまに寄せられるこの質問。
「好きなものを突き詰めたら」みたいな話は置いておいて、実際何をやっているかについて大まかに書くと、

  • テーマを企画する
  • コラボ動画ならコラボ相手と打ち合わせ
  • 資料や素材、小道具を揃える
  • 機材の準備をする(カメラ、照明、マイク等)
  • 撮影場所と撮影時間を確保する(事前交渉が必要な場合も)
  • 撮影する(使うのは実際撮影したうちの4分の1ほど)
  • 編集する(カット作業、テロップの打ち込み、音声やBGM調整、アフレコ等)
  • ターゲット分析をする(今の視聴者さんは何より大事&新規さんも増やしたい)
  • 他の動画を研究する(最近のトレンドは?みんながまだやってないことは?)
  • 視聴者さんとコミュニケーションをとって、次の企画に活かす
  • もちろん赤字が出ないようにする
  • 以上の作業を「楽しく」やる。

それなりの再生回数を誇っている方は、似たような作業をされていると思います。

ゆきみん
ゆきみん
みんな努力してることは言わないけどね

こうやって箇条書きすると簡単そうに見えるかもしれないけれど、実際かなり大変です。
会社員まろけは毎朝早起きして、会社から帰ったら寝るまでずっとやってる。
毎日これを楽しく継続するのって、なかなかできないと思うな。

ゆきみん
ゆきみん
よく続けられてるよね
まろけ
まろけ
好きだからね!

<関連記事>YouTuberの撮影について。けんかはするの?

「好きなことで生きていく」をもう少し考える

でも、「好きなことなんだから、大変じゃないでしょ。」「好きなことで生きていくなんて、甘くない?」「そんなのいつか破綻するよ」そんな声が聞こえてきそうです。
前段で述べた「YouTuberになりたい子を親が心配する」現象も、きっとこれが理由ですよね。

ただ個人的には「好きなことで生きていく」のは可能だと思っています。

というのも、世の中には

  1. 好きじゃなくても好きになる能力がある人
  2. 好きなことだと途端にやる気が出る人
  3. 好きじゃないけど、頑張ることができる人

がいると思うからです。

①好きじゃなくても好きになる能力がある人

例えば学校の先生なんかがそうですよね。どんな不良相手でも、先生が生徒のことを嫌う訳にはいかない。ちゃんと生徒全員の「いいところ」を見つけて、それを伸ばすことに集中しないといけない。他にも企業に勤めていると、努力して自分の扱っている商材を好きになって、その魅力を多くの人に伝えるために頑張っている人がたくさんいるのが分かります。

②好きなことだと途端にやる気が出る人

例えばアイドル。ずっと引きこもりだったのに、大好きだったアイドルになって人生変わったという人は結構いますよね。研究者もそう。自分の興味のある分野なら、寝食を忘れて熱中できる。「マツコの知らない世界」のゲストさんとかもね。好きすぎてそれで食べていけるところまで頑張っている。

③好きじゃないけど、頑張ることができる人

元々好きでもないし、努力しても好きになれなかったとしても、とにかく頑張れる人。家族だったり、守るべきものがある人に多い傾向だと思います。「頑張りやさんだねえ」と褒められる人はこのタイプ。

この3パターン、もちろんどれが良いとか悪いとかではありません。
ただこの3つのうちどれかのポジションで、みんなものすごい努力をしているというだけの話です。

まあYouTuberには比較的②が多いと思いますね。
好きじゃないとわざわざYouTubeやSNSで発信をするのは手間がかかるし、自分を切り売りして消耗するしで非効率だからです。

好きなことでやる気が出るんだとしたら…

確かに近い将来ネットの環境がどうなっているか分からないし、YouTubeなんて無くなっているかもしれない。でもそれは小さい範囲での話なのでね。

そんなことより、お子さんが「YouTuberになりたい」と言っているのなら、もしかすると「好きなことだと途端にやる気が出て火がつく」タイプで、将来は自分が心から好きなことを磨いて仕事にする子かもしれない。

なので、「YouTuberになりたいなんて唐突すぎて意味不明だ…」と悲観せずに、お子さんの本当に好きなものを一緒に見つけてあげてほしいですね。

 

 

仕事においては「楽しくって、大変で、でも楽しくって…」の無限ループだったり、「この人のためにならいくらでも頑張れる」が、大切だと思うなあ。

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeで世界の魅力を伝えています。