考えかた

会社を辞めてから、同期から1度も連絡が来ない件。人間関係をどう考える?

会社退職後、同期から1回も連絡が来ません。

こんにちは!会社を丸4年で退職したゆきみん(@yukimin_jp)です。
※会社を辞めた理由についてはこちらの記事をご参照ください。

今回は、「会社退職後、同期から1度も連絡が来ない件」ついて。笑

確かにそこまで親しい仲ではなかったけれど、本当に誰からも連絡が来ないとは!

会社を辞めてから、同期から1度も連絡が来ない件

こちらの内容は動画でもお話しています!ぜひご覧ください。

人間関係を「継続」することは、そんなに大切なことではない

会社退職後、同期から1回も連絡が来ません。

この歳になっても、人間関係がとても苦手です

正直にお話すると、私は人間関係がとても苦手です。
(まあ、得意な方なんてなかなかいないですよね!笑)

動画でもお話している通り、心を明かして話せる人なんて、5本の指に余裕で収まります。
性格が内向的なのもあって、誰かに自分からコンタクトをとったり、実際に会ったりするのは、この歳になっても自分にとってはすごく思い切りのいること…。

ポーランドに来てからも、自分の悩みを隠さずに話せる方は本当にわずかです。

ひと一人とちゃんとした関係を築くことってすごく難しいことだから、あまり数が増やせないんですよね。
誰にどこまで何を話したか分からなくなるし、なんというか、把握できない。笑

人間関係に目標はない。継続は大切なことではない。

ひとつ思うのは、「人間関係において継続はそこまで大切ではない」ということ。

まあ、私は何においても「継続」に関しては懐疑的です。
継続することで成し遂げられることがあるのも事実だけれど、例えば心が疲れているのに会社に継続勤務したりすることは、まったく無駄ですよね。

どんなことでも継続すれば素敵な未来が待っている!成功する!と考えるのは、さすがに単純すぎると思います。

 

これは人間関係についても言えること。

退職する時は
「絶対連絡するね!」
「辞めてからもいっぱい会おうね!」
と言ってくれた同期から連絡が来ないのは事実ですが(笑)、

それでも私は彼らから計り知れないほどたくさんのことを学びました。

たとえ連絡をとらなくなった仲でも、お互いに与え、与えられたものは一生消えないですよね。

一生連絡が来ないとしても、20年後に連絡が来るとしても、出会いや一緒に過ごした時間の価値は変わらないと思います。

先のことを考えずに、今隣にいる人を思いやるのが一番大切

人間関係を「継続」することは、そんなに大切なことではない

人間関係で悩む大きな原因の一つは、「先のことを考えてしまうから」だと思います。

どうせ切れる仲だから、と適当に接したり。
好きなのに、どうせいつか嫌われるから、と好きな気持ちを出し惜しみしたり。

 

思い当たる節はありませんか?

パタリと連絡が来なくなることがあるからこそ、今隣にいる人のことをちゃんと思いやることが、実は人間関係において一番大切なことではないでしょうか。

ゆきみん
ゆきみん
気楽に考えよう。

 

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。