会社を辞める

親が二つ返事で承諾したら、それって挑戦する意味ないかも。

親が二つ返事で承諾したら、それって挑戦する意味ないかも。

こんにちは、ゆきみん(@yukimin_jp)です。
国内メーカーに4年勤務し2019年に退職、現在はブログで生きています。

この記事では、

  • 会社辞めたいけど、親の反対が怖い
  • 新しい挑戦がしたいけど、親の反対が怖い

とお悩みの方の背中をちょい押ししたいと思います。

ゆきみん
ゆきみん
気持ち分かるで

親が二つ返事で承諾したら、それって挑戦する意味ないかも。

親が二つ返事で承諾したら、それって挑戦する意味ないかも。

親関係の記事(笑)は、これまでにいくつか書いたのですが

精神論的な話が多かったので

今日はもう少し違う視点で考えてみたいと思います。

 

まあ私も、会社辞めた時はめちゃくちゃ反対されました。

反対というか、もう事後報告だったんですけどね…(会社に伝えた後)

 

「この先どれだけあなたが成功しようと喜ぶことはない」

とまで言われました。笑

ゆきみん
ゆきみん
ショック〜

まあかなりショックでしたが、どこかで

「やっぱ間違ってなかった」

と思うところがあって

 

それは、

「親が二つ返事で承諾したら、それって挑戦する意味ないよな」

と思ってたからです。

 

親の世代と今の世代では、働き方も選択肢の幅も全然違います。

一昔前、大企業のサラリーマンは将来安泰と言われてました。

ですが、今となっては昔話。

国内有数の大企業が、ある日突然経営破綻したニュースも近頃少なくありません。

 

インターネットの普及により国境が溶かれた今、

「親世代の国内優良企業」

はどこまで優良なのか…?

例えば、GAFAMと言われるIT産業の巨人
(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)

これらの企業のサービスを使ったことない親だって…いるかもしれません。

 

「大企業を辞める」

なんて、それこそ親世代の価値観ではありえないでしょう。

 

でも、日本もそろそろ会社に頼っていてはいけない時代に突入していくと思います。

個人で稼ぐのが普通になり、転職は実力を付けていくための手段です。
(海外ではこれがどんどん進んでます)

 

「親が反対して絶縁!」

とまではいかなくても、

「もうお手上げ、理解できない…」

と諦めてもらうくらいがちょうど良いと思います。笑

そうやって時代は進んでゆくのですよ…

 

ゆきみん
ゆきみん
社会変えてこ

親が納得する人生より、自分が納得する人生

親が二つ返事で承諾したら、それって挑戦する意味ないかも。

親の反対が気になるのはめちゃくちゃ分かります。

でも、私たちにとっての幸せは

「親が納得する人生を歩む」

ことじゃなくて、

「自分が納得する人生を歩む」

ことなんですよね。

 

もちろん親も悪気があって反対してるわけじゃない。

でも、基準を親に合わせるのは良くない。

私たちは親のために生きてるんじゃないからね!!

親に合わせるくらいなら、世界の流れに基準を合わせた方がよっぽどマシだと思います。

 

これ、リアルに8回観た映画なんですけど

インドって結構日本と似てて、

「良い会社に入って親を安心させるのが親孝行」

って考えが非常に根強いんですね。

この映画でも、親を気にして夢を諦めようとする若者が出てきます。

 

親との関係で進路に悩んでる方には絶対見てほしい映画。

「え?インド映画??歌って踊りまくるだけでしょ??」

と思うかもですが、騙されたと思って見てみてください。

かなり背中押してくれます。

 

ま、親に納得してもらうのは今後の人生を通して、ということでいいんじゃないでしょうか?

私の親もまだ多分納得してないので(笑)、一緒に頑張っていきましょう!

 

このブログでは他にも私自身が会社で悩んだ経験、辞めるときにあーだこーだ考えたことについて記事を書いているので、ぜひご参考いただければと思います!

【体験談】会社を辞めるのに親の説得は必要?私は事後報告でした
【体験談】会社を辞めるのに親の説得は必要?私は事後報告でした こんにちは、新卒で入った会社を4年で辞めたゆきみん(@yukimin_jp)です。 会社を辞めるとき、やっぱり気になるのは親のこと...

Twitter(@yukimin_jp)のフォローもお待ちしてまーす。

ゆきみん
ゆきみん
焦らずいこ

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。