仕事の悩み

情報発信が苦手でもOK!「ありのままの自分」を仕事にしよう

情報発信が苦手でもOK!「ありのままの自分」を仕事にしよう

 

この記事では、

  • 飛び抜けた才能がない普通の人でも
  • 「ありのままの自分」を仕事にしよう

そんな話をしていきます。

 

既に情報発信を始めている方はもちろん、

「これからブログとかSNS始めてみよっかな?」

と思っている方にご参考いただければと思います!

 

「ありのままの自分を仕事にする」とは、結論

  • 飾らない等身大の自分を
  • 価値として世の中に提供すること

です。

特別なスキルや経験がなくてもOK。

今のままの自分を、

伝えたい人に適切な形で届ける

これをコツコツやれば、どんなに「普通」の人でもちゃんと仕事になります。

ゆきみん
ゆきみん
スゴイ人じゃなくていい

情報発信は「スゴイ人」だけに価値があるわけではない

「スゴイ人だけに価値があるわけではない」

これ、めちゃくちゃ当たり前なことなんですけど…。

情報発信となると、ほとんどの人が

「自分なんて…」

って考えてしまうんですよね。

 

でもね、「敏腕経営者」とか「トップYouTuber」とか「偏差値80超えの人」とか

そんな人にだけ価値があるなんてこと、絶対あり得ないですよね?

ゆきみん
ゆきみん
そんな世の中やだわ

 

これは大げさではなく…というか当然のことですが

この世に生きる人それぞれに個々の価値がある

わざわざ言うまでもないんですけどね…!

 

んじゃあどうして、世の中には「目立ってる人」と「目立ってない人」がいるのか??

それは「目立ってる人は自分の価値を伝えるのがうまい」からです。

 

「目立つ」というのは、「派手なことをすればいい」という意味ではありません。

大事なのは見せ方を工夫すること。

 

人よりスゴイところがなくてもいいんです。

大きな声が出なくても、人前に出るのが苦手でも、特技がなくても大丈夫。

見せ方の工夫次第で、いくらでも「自分を仕事にする」ことができます。

 

「自分を仕事にする」ためにはまず、自分自身をしっかり分析しましょう!

人よりもスゴイところを探すのではなく、

  • 自分にできること
  • 自分が世の中に提供できること

これをじっくり考えてみてください。

 

「できること」

というのは、能力とかスキルじゃなくてOKです。

とにかく「できる」のであれば何でもいいです。

(後ほど詳しく解説します)

個人の情報発信は「背伸びすると終わり」

情報発信が苦手でもOK!「ありのままの自分」を仕事にしよう

個人の情報発信は、「背伸びすると終わり」です。

終わり、なんて言うとちょっと怖い感じがしますが…。笑

これは経験上すごく感じていることです。

 

「ありのままの自分を仕事にする」なら、決して「演者」にならない。

 

「演者」というのは、舞台上で役として演技をする人のことです。

もちろん演者さんはそれが本業ですし、経験を積んだプロです。

でも私たちはただの一般人。演技のプロではありませんよね。

 

自分をよく見せようとして背伸びすると、ずーっと「スゴイ自分」の演技を続けなければいけない。

 

「自分は本当はこんなにスゴくないのに…」

と思いながら情報発信を続けるなんて、ただの苦行です。笑

ゆきみん
ゆきみん
そんなことしたくないよね

 

上で書いたように、情報発信するにあたってスゴイ人である必要は一切ないんです。

背伸びせず、できないことはできないと言えばいい。

できないことをできるように見せたり、知らないのに知ってるフリをする必要はありません。

 

そして実は「できない」ということそのものに、とても大きな価値があるんです。

 

例えば、ごくごく普通の人が

「料理経験ゼロ→毎日自炊を始める」

とします。

その様子をうまく発信すれば、立派なコンテンツになるんです。

 

どういうことか??

 

料理のプロはもちろん「スゴイ」。

レシピを探しているなら、プロの料理人のブログやYouTubeはとても参考になるでしょう。

 

一方で、

「料理がまったくできない人が自炊を続けている」

この姿には、また全然違った意味での魅力があります。

 

  • 料理スキルが成長していく過程に感動したり…
  • 「めんどくさい」とサボる姿に共感したり…
  • 失敗してる姿に応援もしたくなったり…

 

そこにはストーリーがあるからです。

情報発信が苦手でもOK!「ありのままの自分」を仕事にしよう

一般的に人は「ストーリー」に惹かれる生きものです。

子どもは無意識に物語を好むし、

大人もスピーチの中に「具体的なエピソード」が出てきたら急に興味が湧きますよね?

 

「普通の人が苦手な料理に取り組む様子」

ここには料理のプロには出せない、唯一無二の魅力があります。

「できない」ところに、その人自身の味が出るからです。

 

料理が苦手なのに

「料理系YouTuberみたいに、おしゃれな動画を作りたい!!」

…これはかなり難しいし、多分続きません。

ゆきみん
ゆきみん
3日で終わる

 

そこで大事なのが、ちょっと見方を変えてみること!

 

「情報発信」というのは、「綺麗な形に整えたものを見せる」ことではありません。

何かしらの意味や面白さ、伝わるものがあればそれでいいんです。

 

料理が苦手な人にとって、同じように苦手な人が悪戦苦闘しながら頑張ってる姿は…

プロがサラッと料理するより、ずっと共感できるはず。

 

それに、プロの料理家のブログはいっぱいありますが

「料理が下手な人の料理ブログ」

なんてあんまり見ないですよね。

だからこそ、価値があるんです。



情報発信を個人でやるなら、まずは徹底的に自己分析

情報発信が苦手でもOK!「ありのままの自分」を仕事にしよう

上で書いたのはあくまで一例です。

料理に全く興味がないのに「毎日自炊します!」といった内容を発信するわけにはいきません。

 

最初からいきなり「これでいく!」というテーマは見つからないかもしれませんが、無理なく続けられる発信テーマを探していきましょう。

 

「ありのままの自分を仕事にする」

そのための第一歩は、徹底的に自己分析すること。

「これでもか!」というくらい自分のことを分析するんです。

 

「せっかくブログを作ったのに続かない」

「YouTubeやりたいけど何を発信すればいいか…」

もし今こうした状態なのであれば、それは自己分析が足りないということです。

 

個人が情報発信するにあたって、流行りに乗ったり誰かの真似をするよりも遥かに確実な方法は

既に持っているもの(=ありのままの自分)から情報を取り出すこと

です。

そしてそれを

  • 適切な形に整えて
  • 適切な場所に置いてみること

がとても重要です。

 

自分自身について、じっくり考えてみてください。

好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なこと、続けていること…

過去の記憶を取り出して考察してみるのもいいですね◎

 

考えてもいまいちピンとこない場合、親しい人に他己評価してもらうのも効果的です。

友達に

「どうして私と友達やってるの?」

と聞いてみたりすると、そこに意外なポイントが隠れてたりします。

(聞く勇気があればですが!笑)

 

「自己分析したところで考えがまとまらない」

という方は、私に相談していただいても大丈夫です!

ゆきみん
ゆきみん
←この人
オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】
オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】オンライン個人相談サービスでは、テレビ通話やチャットを通じてゆきみんと1対1で会話することができます。 不安やモヤモヤしていること...

 

「ありのままの自分を仕事にする」

確かにカンタンなことではありませんが…

奥が深く、実際やってみるとすごく面白いですよ!

うまくやればもちろん仕事になるし、人生そのものが楽しくなる活動だと思います。

 

このブログでは他にも「個人の情報発信」に関する記事を書いているので、気になる記事からぜひご参考いただければと思います!

雑記ブログの収益化方法を徹底解説!経験ゼロでもOK【初心者向け】
雑記ブログの収益化方法を徹底解説!経験ゼロでもOK【初心者向け】ブログで好きなこと書いて収益化したい方に、ブログ収益化のすべてを解説します。私が初心者だった頃に知りたかった情報をギュギュッと詰め込みました。 ...

Twitter(@yukimin_jp)のフォローもお待ちしてまーす。

ゆきみん
ゆきみん
気楽にいこ
ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
「ありのままの自分を仕事にしよう」。"スゴイ人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万人。