ラジオ台本

「自分を仕事にする」とは #002

「自分を仕事にする」とは

 

「自分を仕事にする」は、以下の3つの要素から成り立っています。

  • ストーリーを売る
  • 弱み・苦手を売る
  • 自分を仕事に反映させる

この3つの要素について、詳しく解説します。

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。

▼こちらでも再生可能です!

 

①ストーリーを売る

そもそも人間は、ストーリー、物語に強い関心を抱く

「自分が提供できる一番面白いストーリー=人生のあらまし」を売る

物語は「良いところ」だけで成立しない。弱みや苦手も提示する必要がある

(ただし自分自身を保てる範囲で。無理はしない)

②自分の弱みを売る

自分の弱みは市場でどんな価値を持つか?

時代は変化している。「克服しよう→使おう、認め合おう」

自分の弱みを見せないのは時代錯誤でもある

自分を仕事にする=弱みを見せる覚悟をする

③自分の弱みを売る

自分を仕事に反映させる

自分を仕事にする=仕事と自分の距離は限りなく近くなる

自分の「こうありたい」を仕事に反映する

  • 働き方
  • ライフスタイルなど

 

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。

 

ABOUT ME
ゆきみん
「自分を仕事にするヒント」。自分をマーケティングする方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万4000人。「もしもアフィリエイト」ダイヤモンドランク、その他ASP2社で同等成果継続中。Voicyパーソナリティ。