コラム

はじめて「ゆきみん通信」を読みに来てくれた方のための10記事

初めて「ゆきみん通信」を読みに来てくれた人のための10記事

ブログ「ゆきみん通信」を訪問していただきありがとうございます。

このブログでは、主に

自分を仕事にするヒント

をお伝えしています!

この記事では、はじめてこのブログを訪問してくださった方にまず最初に読んでいただきたい10記事をご紹介します。

ゆきみんのプロフィール

数字に翻弄され、発信に疲れてしまったすべての人へ

「ゆきみんって何者?」

と興味を持ってくださった方に読んでいただきたいプロフィールです。

会社を辞め、ネットで活動を始めた経緯や思いを書いています。

慣れないスーツに身を包んで迎えた入社式当日。

名刺交換の練習から電話応対の練習、愛社精神を叩き込まれながら、私が考えていたことはただ一つ。

「どうやったら1日でも早く会社を辞められるだろうか」

ということでした。

新卒で入社した大手メーカーを4年で辞めた理由

メーカー 退職

会社を辞めるにあたっては様々な葛藤があったのですが、辞めた理由としてハッキリ言えること2つを取り上げて書いてみました。

もし今会社を辞める辞めないで悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ読んでいただきたい記事です。

では、フリーランスは楽ではないと分かった上で、それでも退職を決意した理由は何なのか?

それは、会社を辞めない方が、自分にとってリスクだと思ったからです。

ここでの「リスク」というのは、金銭面というより、気持ちの問題です。

後から自分の人生に納得ができるかどうか。
ここで踏み切らなかったことを後悔しないかどうか。

もっとあんなことやこんなことにチャレンジしたかったのに…と泣くことにならないか。

新入社員が会社辞めたいって思うのは甘え?

「入社3年未満の新入社員だけど会社辞めたい」はヤバイの?チェックリスト

「3年足らずで会社辞めたいってのは甘えなのか」

という疑問は、私自身がめちゃくちゃ抱いてた疑問です。笑

「これだけの理由で会社辞めるのはちょっと違うかも」

と私が個人的に思っていることをリストにしているので、悩める新入社員の方はぜひ!

・人間関係がうまくいってない
・ミスが続いて仕事に向いてない気がする
・内向型人間だからやりづらい
・仕事が面白くない
・猛烈にやりたいことがある

理由がこれだけなら、もう少し踏みとどまってみるのもアリかなと思います。

親に黙って仕事辞めたら、衝撃の一言を食らった件

親に黙って仕事辞めたら、衝撃の一言を食らった件【大ショック】

親との関係って誰しもが悩むことだと思います。

私は会社を辞めるとき、特に悩みました。

この記事ではその悩んだ経験を経て、

「親との関係性をどう捉えるに至ったか」

を書いています。

「挑戦したいことがあるけど親の反応が気がかりで前に進めない…」

と悩んでいる方に、少しでも参考になれば嬉しいです!

結論から言うと、私は事後報告でした。

上司に「辞めます」と言った後に、親に連絡。

まあもちろん

「は??何言ってんの??」

って感じでブチギレ&呆れまくりって感じでしたけどね。笑

役に立つことばかり考えて行動する人は底が浅い

役に立つことばかり考えて行動する人は底が浅い

会社員時代とてもお世話になった先輩にもらった言葉と、その言葉から私が考えたことを書いています。

今でも何かに行き詰まると、この言葉を思い出して初心に帰るようにしています。

「役に立つことばかり考えて行動する人は底が浅い」

以前、会社の先輩にもらった言葉です。

私はこの言葉に結構グサッときたところがあって。
(先輩は一般論として言ってくれたのですが)

 

実は何か勉強するとき、本を読むとき、いつも

「これ、いつか役に立つかな? 勉強する意味あるかな?」

って考える癖があったんです。

会社辞めてポーランド来て丸1年が経ちました

会社辞めてポーランド来て丸1年が経ちました。今思ってること、これからのこと

ポーランドに来てちょうど1年経った節目に書いた記事です。

1年でどんな変化があったのか、振り返ってみました。

1年前の自分と今の自分を比べて何が変わったかと言うと、特段スキルが上がったわけでもないし友達が増えたわけでもない。笑

海外に住んですごく成長したのかと言うとまったくそんなことはないのですが、自信を持って「変わった」と思うのは、

「より自分らしく生きられるようになった」

ってことだと思います。

会社4年で辞めたけど後悔していない理由

大企業4年で退職したけど後悔はしてない【辞めてよかった】

会社を辞めて2年半が経ち、改めて

「本当にやめて良かったか?」

を考えて書いた記事です。

会社を辞めて2年半が経った今、

「やっぱり会社辞めてよかったな〜!」

と心の底から思っています。

まっっったく後悔していません!

フォロワー数1000人で十分食べていけます

【実証済み】Twitterのフォロワー数1000人で十分食べていけます

ブログのアクセス数やYouTubeの再生回数、Twitterのフォロワー数…

発信活動を始めると、どうしても気になってしまう数字のこと。

私も以前はかなり気にしていましたが、

「数は少なくても十分自活できる!」

と確信したのでこちらの記事を書きました。

私は会社を辞めて約2年が経つのですが

最初の1年くらいは、取り憑かれたように数字ばっかり気にしてました。

次第に、そんな自分にすっっっごい嫌気がさしてきました。

「そんな数字ばっかり気にしてどうすんの?楽しい?」

「やりたいことやればいいやん??その数字そんなに大事?」

ポーランドに来て丸2年が経ちました

ポーランドに来て丸2年が経ちました。葛藤しまくりの日々

ポーランドに来てちょうど1年経った節目に書いた記事です。

1年でどんな変化があったのか、振り返ってみました。

もちろん外国で暮らす上での悩みも多々あるのですが

それを遥かに超えるボリュームで自分の活動について悩んだ2年でした。

(過去形で書きましたが、これからも悩み続けるに違いありません。笑)

情報発信の1番の報酬は、お金ではなく繋がりである

情報発信の1番の報酬は、お金ではなく繋がりである

ブログやYouTubeを通じて得た1番大きな報酬…

それは「お金」ではありません。

お金には代えられない、本当に大切な繋がりを得ることができました。

私は会社を辞める前から、同じように悩んでいる方に

「会社を辞めても楽しく生きていけるよ!を伝えたい」

という思いがあり、ターゲットもそこを狙っていました。

 

でも、書き続けるうちに…

やっぱり他のブロガーさんの存在が気になってきてしまい。笑

 

「会社を辞めてブログを書いてる人」

なんてごまんといます。

そう、

「会社辞めても楽しく生きていけるよ!」

って言ってる人は、私以外にもたくさんいるんです!笑

 

「私全然ダメだ。差別化どころか同じ土俵にも立ててない」

と、毎日のように落ち込み、自信もどんどん失っていきました。

最後までご覧いただきありがとうございます!

「こんな生き方もいいな!」

「自分も何か発信してみようかな?」

そう思っていただけるような発信を、これからも続けていきたいと思います。

ゆきみん
ゆきみん
よろしくお願いします!
ABOUT ME
ゆきみん
「自分を仕事にするヒント」。"すごい人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万3000人。「もしもアフィリエイト」ダイヤモンドランク、その他ASP2社で同等成果継続中。書くことが好きです。