ラジオ台本

自分に興味を持ってもらうには #004

自分を商品として客観視しよう

 

自分を仕事にするなら、

自分に興味を持ってもらう

これがとても大事です。

興味がない人の話は誰も聞かない

聴いてもらえても、一度だけではダメ

→リピーターを増やさないとビジネスとして成立しないから

 

一般的に人が人に興味を持つのはどういう時か?

  • 友達関係
  • 恋愛関係
  • 先輩・後輩の関係

この3つの視点から考えてみます。

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。

▼こちらでも再生可能です!

①友達関係

どんな人と友達になりたいと思うか

少なくとも外向きな人、受け入れてくれそうな人

共通点のある人

②恋愛関係

好きになってもらえる確率が高い場所

興味を持ってもらえる確率が高いところに向けて発信

ゼロから自分への興味を作り出すのは難しい

③先輩・後輩の関係

気を掛けている存在=興味がある存在

弱みを見せる

→わざと見せる必要はない

→が、隠す必要もない

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。

 

ABOUT ME
ゆきみん
「自分を仕事にするヒント」。自分をマーケティングする方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万4000人。「もしもアフィリエイト」ダイヤモンドランク、その他ASP2社で同等成果継続中。Voicyパーソナリティ。