ラジオ台本

自分を商品として客観視しよう #005

自分を商品として客観視しよう

 

自分を仕事にしていく上では、

自分を商品として客観視する

これがとても大切です。

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。

▼こちらでもお聴きいただけます

この世に完璧な商品はない

この世に完璧な商品はない

完璧な商品を作るのは不可能

  • Appleの商品ですら不満がある
  • お客様の声を全て商品に反映するのは不可能

完璧な自分を見せる必要はない

  • 一般的なプロダクトと同じ
  • 自分が商品として価値がある部分、ない部分はどこ?

自分を商品として客観視する方法

サイクルを回して確かめる

周囲に聞く

  • 案外バイアスがかかるので微妙
  • 自分を売る場所にいるのは、自分のことを知らない人たち

行動するのが一番手っ取り早い

  • サイクルを回す(やってみる→反応もらう→分析)
  • 会社と違って超速でできる
この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。
ABOUT ME
ゆきみん
「自分を仕事にするヒント」。"すごい人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万3000人。「もしもアフィリエイト」ダイヤモンドランク、その他ASP2社で同等成果継続中。書くことが好きです。