ラジオ台本

やるべきことに夢中になるための3つの条件 #043

やるべきことに夢中になるための3つの条件 #043

 

時間を忘れるくらい何かに夢中になると、自然に目標が成し遂げられたりします。

「夢中になるためにはどんな条件が揃えばいいのか」

について解説します。

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。

夢中になるための3つの条件

夢中になるための3つの条件

  1. 具体的な行動を必要とする明確な目標があること
  2. 行動した結果のフィードバックがすぐに得られ、うまくいったかどうかわかること
  3. 自分のスキルレベルとその挑戦レベルが、高いレベルで釣り合っていること

それぞれ受験勉強に例えると、

①具体的な行動を必要とする明確な目標があること

→目標とする志望校がある、合格後の夢がある

②行動した結果のフィードバックがすぐに得られ、うまくいったかどうかわかること

→定期テストや模試等で確認できる

③自分のスキルレベルとその挑戦レベルが、高いレベルで釣り合っていること

→自分の実力に見合った志望校、目標設定をする

フロー体験入門―楽しみと創造の心理学

フロー体験入門―楽しみと創造の心理学

M.チクセントミハイ
2,530円(08/16 06:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

↑参考書籍です

夢中になれない=条件が満たせていない可能性

夢中になれない=条件が満たせていない可能性

集中はできるけど、楽しくない

→一杯一杯になってしまっている

→自分の能力、スキルを上げて「楽しめる」状態に持っていく

こなしているだけで、楽しくない

→余裕がありすぎる

→挑戦レベルを上げる

この記事は「ゆきみんの自分を仕事にするラジオ」の台本です。本編はこちらでお聴きいただけます。
ABOUT ME
ゆきみん
「自分を仕事にするヒント」。自分をマーケティングする方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万4000人。「もしもアフィリエイト」ダイヤモンドランク、その他ASP2社で同等成果継続中。書くことが好きです。