ミニマリスト生活

買い物で一目惚れした時に、考えたいこと。

ゆきみん
ゆきみん
今日は買い物について。

「うわあ、きれい!」「素敵!」
お店で感動した経験、どなたでもあると思います。

感動したら、欲しくなる?

その感動のあとにくるのは「欲しい」という気持ちではないでしょうか?

これが家にあったらどんなに良いだろう、と。

そして、買う予定なんてまったくなかったモノを買ってしまうんですよね。

感動したことで、ついつい買ってしまうんです。

絵だったら買いますか?


でももしそれが、高額の絵だったら?

世の中には手に入れられる人もいますが、ふつう「よし、買おう!」とはならないですよね。
感動したからといって、購入するわけではありません。

つまり、ふだん私たちが買う予定のなかったものを感動で買うのは「買えてしまう額だから」です。

必要かどうかではなく、「感動した→買える額だから買おう」という思考回路ですね。

感動のピークはどこにある?

もちろん、身の丈に合った範囲で感動したものを手に入れることが、間違っているわけではありません。

でも経験上、そんなふうに「一目惚れ」で買ったものって、後々いらなくなることが多い。

なぜか?

それは、感動のピークを過ぎてしまっているからだと思います。

感動は、初めて見たその瞬間がピーク。

これは鑑賞するもの(置物とかぬいぐるみとか)を買うとき、特に起こりがちです。

服飾品には身に付けてみて初めて分かる感動が、家電には使ってみて初めて分かる感動がありますよね。

でも「見ること」が目的のモノは、初めて見たときが感動のピーク、ということも多い。

中にはその感動がずっと薄れないままのモノもあるけれど、でも必ずしも「見て感動すること」と「所有すること」を結びつけなくてもいいのではないでしょうか?

週末のウィンドウショッピングは、我慢ではなく感動するために!

ゆきみん
ゆきみん
手に入れなくても、モノの良さは味わえる。

おしまい。

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeで世界の魅力を伝えています。