ミニマリスト生活

ミニマリストになる最大のメリット【時間が増えます】

ゆきみん
ゆきみん
今日は、ミニマリストと時間の関係について。

私は「ミニマリストになろう!」と思ってなったわけではなく、気付いたらミニマリストになっていました。

極限まで悩んだのがきっかけ

ミニマリストになったのは、将来について「もうこれ以上悩めない」というぐらい、極限まで悩んだのがきっかけでした。

そんな状態で家にいると、目に入るモノが、すべてノイズに映ったんです。
考える妨げになっていたんですね。

そこで、無くても困らないものを徹底的に処分しました。
正直、ここは衝動的にやりました。

頭の中にも余白ができた

すると、モノがあった場所が空くように、頭の中に少しずつ余白ができていったんです。

その余白はやがて時間に変わり、考えることに集中できるように。

なぜモノを減らして時間が増えたのか?
それは以下の自分の特性が理由だと思います。

  • モノに関して優柔不断
    「この洗剤とこの洗剤、今日はどちらを使おうか…」

  • モノの扱いが下手
    「この服は何の洗剤で洗えばいいの?タグを見ても調べても分からない…」
    「あれ?あの服どこにしまったっけ?どこだどこだ…」

  • モノに関して心配性
    「明日、雨が降るからこの服かな?晴れたらあっちの方がいいかな…?途中から晴れる可能性もあるかな…」

モノを思い通りに扱えなくてイライラしたり。
1冊の本を探すのに、狭い部屋を2時間探したこともありました。

ゆきみん
ゆきみん
モノにかける時間がかなり多かった

モノを減らし、モノについて考える時間が減った分、他のことに時間を使えるようになったんですね。

上記の項目に当てはまる方は、自分の特性を変えるよりも、まずはモノの絶対量を減らしてみることをおすすめします。

モノは減っても時間は増える

確かにモノが減ると、一時的には消失感でいっぱいになります。
が、すぐにモノと引き換えに得たものの大きさに気付くはず。

そのひとつが、時間です。

ゆきみん
ゆきみん
有意義な時間を増やそう。

最後に、ミニマリストに関するおすすめの本を。

おしまい。

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeで世界の魅力を伝えています。