考えかた

東京食肉市場まつり2018に行ってきた&いのちの食べかた

ゆきみん
ゆきみん
今日は、いのちの食べかたについて。

東京食肉市場まつり2018

品川駅港南口から歩いてすぐ、全国一の規模の取引高を誇る食肉市場に行ってきました。

都会のど真ん中にあります。(都会ができたのが後なんですけど)


年に一度の食肉市場まつりは、高級なお肉が安価で買えるということもあり、大勢の方で賑わいます。

※会場の様子は他の方のブログにも詳しいので、ぜひそちらをご参照ください。

ところで、「食肉解体施設」に訪れたのは今回が初めてだったのですが、そこで思い出したのが、こちらの映画。

「いのちの食べかた」です。

いのちの食べかた

「いのちの食べかた」は、食べ物の大規模・大量生産の現場を描いたドキュメンタリー映画。
ナレーションもBGMもない、淡々と生産現場とそこで働く人々を映し出している映画で、感想・解釈は本当に人それぞれだと思います。

私がこの映画を初めて観たのは、高校生の頃。
とにかくショックが大きかった。

それまで食卓のお肉がどんな風に作られているのか、情けないことにまったく想像したことがなかったんです。
あまりの衝撃で、その後1年ほどベジタリアンになりました。

ベジタリアン生活は続いたの?

親に大豆ミートなんかを使った食事を用意してもらい、しばらく肉なしの生活を送りました。

が、このベジタリアン生活はあっけなく1年で終了します。
それは、修学旅行で北海道に行ったときのこと…。


そう。ジンギスカンです。

私は昔から、とにかく羊肉が大好物。
ベジタリアンになってからというもの、長らくお目にかかっていませんでした。

が。
修学旅行の夜のスケジュールに「ジンギスカン食べ放題」と、がっちり組み込まれていたんです。そりゃ、北海道といえばジンギスカン!ですからね。

 

最初はお肉を食べる気なんてなく、隅の方で焼いた野菜をちまちま食べていました。

すると同じ班の友達が
「ゆきみん、こんなおいしいのにほんまに食べへんの?修学旅行を機に、ベジタリアン卒業したらいいやん!」
と猛烈にジンギスカンをすすめてきたんですね…。

そして、修学旅行の楽しい気分とかその場のノリとかも相まって、私は1年ぶりにお肉を食べました。すごくすごく食べました。

久しぶりに食べる大好物の羊肉…。
あの美味しさを超えるお肉はもうないと思います。

ベジタリアン生活の終焉

というわけで、修学旅行での一番の思い出は「ベジタリアン生活の終焉」。

帰宅後すぐに親にその旨を伝えると、面倒な食事管理から開放された母もホッとした表情でした。

「私の」いのちの食べかた

明確な理由もなく、ノリで肉を解禁し、ジンギスカンをたらふく食べた私。

なんて甘いんだろう?
いったい、あの映画を観たときの気持ちはどこに行ったのか?
1年のベジタリアン生活を、そんな簡単に終わらせていいのか?

こんな私はいのちをいただいても、いいのだろうか。

でも、お肉はおいしい。
羊肉を食べると元気が湧いてくる。
みんなで囲んで食べる焼き肉だって、とても楽しい。
私はお肉が食べたい。

「私の」いのちの食べかた。

それは、どこまでも整理ができない気持ちをずっと持ち続けたまま、いのちをいただくことだと思っています。

ベジタリアン生活は、正直、気持ちの面ではとっても楽でした。
なぜなら、こうした「不完全な気持ち」を持たなくていいからです。
「いのちはいただきません」とはっきり言えるからです。

でも、私はジンギスカンを食べた。

そして、いのちを食べる理由はまだうまく説明できません。

明確に答えの出ないテーマを抱えながら、生かしていただくこと。
これが、「私の」いのちの食べかたです。

いのちを、いただいている。
いただくまでには様々な過程があり、それを知る必要はみんなにあると思います。

みなさんの「いのちの食べかた」は、どんな風ですか?

おしまい。

 

 

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、現在ポーランド郊外で慎ましく暮らしています。