ウィーンでグラーシュならここ!おすすめのカジュアルレストラン

ゆきみん
ゆきみん
ウィーンでグラーシュを食べよう!

ウィーンの名物料理のひとつ、グラーシュ。
牛肉をパプリカで煮込んだハンガリー伝来の料理です。
日本ではなかなか出会えない味なので、ウィーンに訪れた際にはぜひ!

ウィーンの伝統料理をお手頃価格で

今回ご紹介するのは、「Zum Leupold(ツム・ロイポルト)」。
ウィーンの伝統料理がお手頃価格で楽しめます。

入り口はこんな感じ。外のテラス席もとても賑わっていました。

店内は禁煙スペースと喫煙スペースがあるのもありがたい。
入ってすぐのところにバーがあるのですが、決して騒がしさはなく、全体的にとても落ち着いた雰囲気です。

こってり濃厚なグラーシュを食べよう

今回頼んだのは一番ベーシックなグラーシュ。
6€しないぐらいだったと思います。
こってり煮込んだタイプのもので、見た目から濃厚。
ビーフシチューのような感じでしょうか。


滞在中に食べたグラーシュのうち、こちらのものが一番濃厚&パプリカの香りも効いていました。
おいしいグラーシュが食べたい方には、かなりおすすめのレストランです。
夜遅くまで開いているので、オペラやコンサートの帰りにもぴったり!

Zum Leupold
Schottengasse 7
1010 Wien
日曜日〜土曜日
10:00〜0:00
公式HP→メニューも確認できるので、事前に見ておくのも○!

※こちらの情報は、2018年10月24日時点です。

ゆきみん
ゆきみん
こちらのお店は、arucoにも掲載されています!

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。