セルビア

セルビア ベオグラードのおしゃれレストラン、まずはここがおすすめ!

ゆきみん
ゆきみん
セルビア料理を楽しもう!

この記事では、セルビア ベオグラードを訪れたらまずはじめに行きたい、おすすめレストランをご紹介します。

クネズミハイロバ通りの近くにある、セルビアのおしゃれレストラン

レストランの名前は、「MANUFAKTURA (マヌファクトゥラ)」。
クネズミハイロバ通りの近くにあります。

セルビアに着いた日の夜に行きました。

ナイトライフが充実しているベオグラード。夜の方が賑やかかも。

思わず足が止まる、華やかなエントランス。
現地の方にはこちらのテラス席が人気のようで、順番待ちになっていました。


店内であればすぐに入ることができたので、そちらへ。

内装がとてもおしゃれで落ち着いた雰囲気。
個人的にはインテリアが楽しめる、店内での食事をおすすめします。

カウンターにはお酒がズラリ。バーの利用のみの方も。

店員さんはとってもフランク。
「セルビアならではの料理が食べたい!」
というと、おすすめのメニューを色々説明してくれました。

間接照明がウッディなインテリアに映える。

 

注文したのはこちら。

左のサラダは、「スルプスカサラタ」(セルビア語では「サラダ」を「サラタ」と言うそう)という、セルビア風サラダです。

きゅうり、たまねぎ、トマトをレモンでさっぱり和えたサラダ。
街のレストランに行けば大体どこにでもありますが、お店によって少し味付けや具材が違います。

こちらでいただいたものはスライスした唐辛子が入っていて、予想外の辛さにむせました。

メインディッシュは、「プリェスカヴィッツァ」
ハンバーグといえばハンバーグなのですが、日本のものよりも弾力がすごいです。
ふっくらした柔らかさはないかわりに、お肉の旨味がギュッと凝縮したようなジューシーさ。

サラミのような塩辛さがあるので、ビールなど、お酒とすごく合います。

私は日本のハンバーグより、断然こっちが好み!
食べごたえがあります。

セルビアの国産銘柄ビール「Jelen」。

この内容で…?セルビアは物価が安すぎる!

こんな素敵なレストランでおいしい料理をいただいても、2人でおよそ1,500円。
(このときのレートは、およそ1ディナール=1円)

東京だとランチ1人で1,500円ですからね…。
思わずレシートを2度見しました。

ゆきみん
ゆきみん
とってもおすすめのレストラン。
ベオグラードを訪れた際はぜひ!

MANUFAKTURA (マヌファクトゥラ)
Kralja Petra 13-15, Beograd
9:00〜1:00
公式HP→事前に予約もできます!
※こちらの情報は、2018年11月1日時点です。

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。