日本で外国気分

ドイツフェスティバル2018に行ってきた【混んでいても楽しめます】

ゆきみん
ゆきみん
ドイツは美味しい。

2018年11月1日〜4日に都立青山公園にて実施された「ドイツフェスティバル」に行ってきました。
この記事では、会場の様子をご紹介します。

ドイツ連邦共和国大使館主催のフェスティバル

主催はドイツ連邦共和国大使館。
今年で8回目の開催です。
会場は六本木駅から歩いて5分ほどの都立青山公園 (南地区グランド)。

私が行った11月3日は土曜日ということで、開催日としては一番来場者数の多い日。
とはいえ、会場が広いので歩きにくいほどの混雑さはなかったです。

協賛ブースにはドイツの名だたる企業が並びます。

会場入ってすぐ目に入るのは、「STIHL」。
1926年創業の販売台数世界No.1のチェンソーブランドです。
本社はドイツ、シュトゥットガルト近くにあるそう。


ステージではSTIHLのチェーンソーを使った実演も行われていました。
すごい迫力で、大人も子どもも見入っていましたよ。

もちろん音もすごかった。

そして、ルフトハンザドイツ航空も。
ロゴグッズが当たるゲームをやっていました。 

ロゴのシンプルさと、「ルフトハンザ」っていう響きが好き。

ハンディクリーナーで有名な「VORWERK」。
クリーナーやキッチン家電が、特別限定価格で販売されていました。

もちろん、「メルセデス・ベンツ」も。

物販ブースではドイツパンが充実

物販ブースでは、ドイツパンの販売が。
もしかすると会場内でここが一番賑わっていたかな?

ドイツパン、ファンが多いのに日本ではまだまだ浸透していなくて、本物はなかなか手に入らないですからね。

ライ麦パンのお店 ブロート・ヒューゲル。

こちらは信州松本にお店を構える「ブロート・ヒューゲル」さん。
保存料や添加物を使用せず、素材の味を活かしたパン作りにこだわっているそう。

試食が用意されているので、酸味の程度を確かめられる。

プンパニッケル、ロッゲンブロート、フリュヒテブロート、シュトレン、エリーゼンレープクーヘン…。
ドイツパン好きにはたまらない品揃えで、見ているだけで幸せな気持ちに。

もちろんプレッツェルも!会場ですぐに食べるならこれですね。
憧れのフリュヒテブロート。
使用原材料が完璧すぎる…!

ぜひ実店舗にも足を運んでみたいです。

↓HPから注文もできるようですよ。頼んじゃおうかな…。
信州松本 ブロート・ヒューゲル

他の物販コーナーのお店でも、ドイツからやってきた様々なものが販売されていました。

ビオのはちみつは、さっぱりと優しい甘みでどんなパンにも合いそう。


ドイツといえばドイツビールですが、他のお酒の販売も。

王室御用達、「ダルマイヤー」の紅茶。
おみやげに喜ばれそうですね。
「フロレナ」のハンドクリームなど、スキンケア用品の販売もありました。

こちらは木製の3Dポストカード。
 「Feuerwear」という、ドイツの消火ホースをリサイクルしたファッション小物を販売するお店。

コンセプトまでかっこいいですね。
みんな大好き「Maus™」の出店も。
1971年にドイツで放送開始したTV教育番組、「Die Sendung mit derMaus(マウスといっしょ)」から生まれたキャラクターです。 こちらは「食洗器、オーブン、レンジOK」のブンツラウアー陶器。
クリスマスの雑貨もありました。
もうそんな季節ですね…。

飲食ブースではソーセージやドイツビールを

飲食ブースも数多く出店されていて、お昼時でも長蛇の列にはなっていなかったです。
ソーセージなんかは「焼くだけ」だから、早く提供できるのかな? 
グラーシュやシュニッツェル、フラムクーヘンまでありました。 
会場の真ん中がすべてイートスペースになっているので、どんなに混雑していても少し待てば座れる雰囲気。

ただ、場所によって屋根があるところと無いところがあります。
この日は秋口とはいえ日差しが強く、影のある場所から埋まっていく感じでした。


日照りの強い日は、夜に訪れるのがいいかもしれません。

ドイツを感じるのは、こんなところにも

世界一のエコロジー先進国といわれるドイツ。
会場内のゴミの分別もしっかりしています。

ついでにドイツ語の勉強をしよう。

案内看板も、ドイツ語で書かれているだけで気分が上がりますね。
2011年から毎年実施されているという、ドイツフェスティバル。
今年逃した方は、来年に期待しましょう!

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。