ライフスタイル

川崎大師のおすすめ食べ歩き【仲見世通りで蒸したてまんじゅうを食べよう】

ゆきみん
ゆきみん
おすすめの食べ歩き

川崎大師に行ったら、参拝の前に仲見世通りをゆっくり歩いて、おいしいものを楽しみましょう!

せいろで蒸したおまんじゅう

ご紹介するのは、仲見世通りを入って少し進むと右手に見えてくる「吉田屋」さん。
店頭でホクホクと湯気が上がっているので、すぐ見つけられるはずです。

せいろで蒸したおまんじゅうがその場で食べられるのは、寒気限定だそう。
食べ歩き用以外にも、お土産用のものも揃っていましたよ。

緑にピンクに…種類が豊富!

緑色は抹茶とよもぎ、ピンクは桜。
「大師」の焼印は酒まん、つぶつぶのは黒ごま。
濃い茶色は黒糖、一番大きいのは肉まんです。


この日は売り切れていましたが、「玄米まん」というのもあるそう。健康に良さそうですね!
お値段はひとつ130円。肉まんだけ160円です。

今回は一番人気の「酒まん」と、ピンク色が可愛らしい「桜まん」を選びました。


「熱いので気をつけてくださいね〜」と、お盆にのせてくれました。
ふっくらつるんとしたおまんじゅう、とってもおいしそう!
ちょこんと手のひらに乗る小ぶりな大きさが、食べ歩きにはありがたいです。


あつあつのこし餡に、酒粕の香りがふんわり!
桜まんの方も、桜餅を食べているかのように、香りがかなり強めで大満足でした。

寒空の下でいただくホクホクの蒸したてまんじゅうは、おいしさも格別です。


「吉田屋」は、おまんじゅうだけでなくおせんべいでも有名。
こちらも店頭で焼いて、一枚一枚手作業でたれを塗っているそうですよ。

おまんじゅうを楽しんだら、少し歩いた先に、あたたかいおせんべい屋さんが待っています!

川崎大師 吉田屋

ゆきみん
ゆきみん
楽しんできてくださいね!

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、現在ポーランド郊外で慎ましく暮らしています。