ライフスタイル

足底筋膜炎は運動不足も原因【ウォーキングで足裏を鍛えよう】

長文読解

足底筋膜炎は運動不足も原因

足底筋膜炎になる原因を挙げてみると、こんな感じ。

  • ランニングや立ちっぱなし等、足の使いすぎ
  • 扁平足(土踏まずがない足)
  • 肥満(体重増加で土踏まずがなくなる)
  • 靴が合っていない
  • 運動不足による土踏まずのアーチの低下

すぐに対策できないものも多いですが、

  • 運動不足による土踏まずのアーチの低下

のように、運動不足により土踏まず部分の筋肉の衰えにより、炎症につながっていることも多いようです。

「自覚があるなあ…」という方は、日常生活に少しでも運動を取り入れてはいかがでしょうか?

足底筋膜炎におすすめの運動

足底筋膜炎足底筋膜炎におすすめの運動は、ずばりウォーキングです。
ランニングなどの激しい運動はなるべく避け、足裏の筋肉をゆっくり鍛えていきましょう。

私は週末にウォーキングを取り入れるようになってから、だいぶ足の持久力が付いてきたと実感しています。

既に炎症を起こしている方は、ご自身の痛み具合と相談しながら行ってくださいね。

足底筋膜炎のウォーキングにおすすめの靴下

足底筋膜炎とはいえ、「既に痛いのに、いきなりウォーキングを始めるのは不安…」という方もいらっしゃいますよね。

そこでおすすめしたいのが、靴下の見直しです。
ぜひ、クッション性のあるものを履いてみてください。

クッション性のある靴下を選べば、土踏まずのアーチをカバーすることができ、それだけでも大分楽になるんですよ。

おすすめはこちら。

ふかふかソックス 男性用 (グレー)

ふかふかソックス 男性用 (グレー)

980円(11/22 19:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

土踏まずのところが少しゆるっと編まれていて、それでいて分厚いクッション性。文句なしの靴下なんです。
富士山に登る際に使用する靴下としても、とても評判です。

分厚いから、洗濯してもへたりにくいのも最高!日本製なのも安心なんですよね。

ちなみに「運動するならスポーツソックスがいいのでは?」と思いがちですが、足底筋膜炎の方には不向きです。
スポーツソックスは締め付けの強いものが多いので、炎症を起こした足を締め付けてしまい、悶絶級に痛いです…。

足底筋膜炎のウォーキングにおすすめのサポーター

足底筋膜炎

「しっかりサポートしてくれる専用の靴下がいい!」という方には、こちらのサポーターがおすすめ。

アメリカのAmazonでもかなり高い評価のつくロングセラー商品です。

段階着圧で筋肉にぴったりとフィッティングすることにより、血流を増大させて炎症を低減させてくれるそう。

見た目が気になるという方は、アンダーソックスとして履いて、上から普段の靴下を重ねるのもおすすめです。

少し締め付けが気になるのでふだん使いはしないのですが、思いっきり歩く日には重宝しています。
履かないときと比べ、疲労感が少なく、ズキズキとした痛みを感じることもなくなりました。

足底筋膜炎のウォーキングにおすすめの靴

足底筋膜炎運動靴は「ウォーキングシューズ」や「ランニングシューズ」を選びましょう。
やはり専用に作られた靴は、長時間歩いても疲れを感じさせないように設計されています。

たくさんある専用靴の中でもおすすめはこちら。

アディダスのランニングシューズ

一番の特徴は、かなり幅広に作られているところ。

そもそも足底腱膜炎の方って、扁平足であることが多いと思います。
一般的な足よりも、幅が広いんですよね。

だから、幅広の靴を履くだけで大分疲れにくくなるんですよ。

扁平足以外にも、外反母趾で悩んでいる方にもおすすめしたい一足です。

アシックスのウォーキングシューズ

こちらは営業で外回りをしている友達が激推ししていました。

自分の足にフィットする感じが他にはないくらい良く、またスマートなデザイン性で、ビジネスシーンでも困らないそう。
ウォーキングだけでなく、ふだん使いにもぴったりですね。

ファスナー付きで履きやすいのもポイント高いです!

ゆきみん
ゆきみん
楽しく歩こう!

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。