ポーランド

アウシュヴィッツのツアーに参加して、私が考えたこと

アウシュヴィッツ 感想

こんにちは、ポーランドが大好きなゆきみん(@yukimin_jp)です!

今回は私がアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所博物館のツアーに参加して、感じたことをお話しました。

アウシュヴィッツのツアーに参加して、私が考えたこと


動画でご視聴いただければと思います。



【日本語ツアーに参加しました】アウシュヴィッツ強制収容所で見てきたもの

実際に参加した日本語ツアーの様子も動画にまとめましたので、ご参考ください。

必ず読んでおきたいアウシュヴィッツ関連の書籍

もちろん本を読んだだけで分かることは僅かでしょう。
でも、歴史を繰り返さないために、被害者の思いを本を通じて受け取ることはとても大事。

ポーランドを訪れる予定のある方も、そうでない方にも、ぜひ読んでいただきたい本をご紹介します。

強制収容所を体験した心理学者による本「夜と霧」

夜と霧 新版

夜と霧 新版

ヴィクトール・E・フランクル
1,620円(06/16 09:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

ナチス強制収容所を体験した心理学者・精神科医によって書かれた本。

日本語を含め17カ国語に翻訳され、60年以上にわたって読み継がれています。
発行部数は英語版だけでも累計900万部に及び、1991年のアメリカ国会図書館の調査で「私の人生に最も影響を与えた本」のベストテンに入った名作。

ユダヤ系ドイツ人の少女アンネによる手記「アンネの日記」

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

アンネ フランク
957円(06/16 04:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

「どんな不幸のなかにも美しいものが残っている。美しいもののことを考えれば、しあわせになれる」。

アンネはナチスの迫害を逃れ、一家でオランダのアムステルダムに移住。
1944年、ナチにより連行され、ベルゲン=ベルゼン強制収容所で亡くなりました。
ナチスに捕われるまでの日々を綴った日記です。

母が持たせてくれた道具箱が運命を変えた。「アウシュヴィッツの歯科医

アウシュヴィッツの歯科医

アウシュヴィッツの歯科医

ベンジャミン・ジェイコブス
2,090円(06/16 09:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

歯科医の勉強を始めて1年目の著者。
彼の母は歯の治療用具箱を持っていくよう強く勧めました。

アウシュビッツでは、持っている技術により、他の収容者と違った特権が与えられたのです。
生還者による実際の体験談、読後感も、ただただ暗い気持ちで終わらない一冊でした。

必ず観ておきたいアウシュヴィッツ関連の映画作品

映画作品についてもご紹介します。
目を覆うようなシーンもありますが、私は観るべきだと思います。

ショパンの美しいピアノとともに心に訴える「戦場のピアニスト」

戦争を生き延びたピアニストの実話を基にした映画。
ポーランドを代表する作曲家ショパンの美しい曲とともに、戦争の悲惨さ、人間として正しいことは何かを考えさせられる作品です。



スティーヴン・スピルバーグ監督作「シンドラーのリスト」

シンドラーのリスト(字幕版)

シンドラーのリスト(字幕版)

リーアム・ニーソン, ベン・キングズレー, レイフ・ファインズ, キャロライン・グッドオール, ジョナサン・サガール, エンベス・デイヴィッツ, マルゴーシャ・ゲベル, シュムリク・レヴィ, マーク・イヴァニール, ベアトリス・マコラ
Amazonの情報を掲載しています

スティーヴン・スピルバーグ監督作「シンドラーのリスト」。
1,100人以上のユダヤ人の命を救った、オスカー・シンドラーに焦点を当てた実話です。

観ているのが辛くなるシーンもたくさんありますが、現実は映画ではなかったのだから。
必ず観るべき作品です。

戦争が終わってからも、悲しみは続く「愛を読むひと」

一見よくあるラブストーリーですが、中盤から話が一変します。

戦時中の罪に問われ、無期懲役となった女性。
その事実を知った、かつての恋人は、どんな行動をとったのか?

何回観ても、観るたびに考えさせられる映画です。

戦争は罪なき子どもたちの未来を閉ざす。「縞模様のパジャマの少年」

縞模様のパジャマの少年 (字幕版)

縞模様のパジャマの少年 (字幕版)

ヴェラ・ファーミガ, デヴィッド・シューリス, エイサ・バターフィールド, ジャック・スキャンロン
Amazonの情報を掲載しています

ナチス将校を父親に持つドイツ人少年と、強制収容所内のユダヤ人少年。

2人は友情を育んでいくのですが…。

幼く無邪気な少年たちを最後に襲う運命に、涙が止まらない作品です。

 

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
「ありのままの自分を仕事にしよう」。"スゴイ人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万人。