考えかた

YouTubeをやっていれば、批判もアンチも来ます。でも怖がらないで。

youtube 批判

YouTubeをやっていれば、批判もアンチも来ます。でも怖がらないで。

ゆきみん
ゆきみん
こんにちは、ゆきみんです!

今日のライブで、「昨日久しぶりに泣いた」という話をしました。
原因までお伝えするか悩んだのですが、自分の気持ちの整理のためにも書いておきたいと思います。
※この記事の内容は、ふだん私を応援してくださっている皆様にとって少しショックなコンテンツを含むことになります。ご了承ください。

登録者数1万人の素人にも、批判は来る。アンチもいる。

悲しい現実ですが、こんな私にもアンチはいます。
おそらく数にして1%にも満たないとは思うのですが…
(実際、一人の方が複数のアカウントを使っているのを把握しています)

「意見」ではなく「人格否定」のようなコメントが来るようになったのは、登録者数が6000〜7000人あたりになってきたころだと思います。

嘘を言えばこの記事を書く意味がなくなるので、正直に言いますが、普通に傷つきます。

誰が書いたんだろう?
身近な知り合いだろうか?

被害妄想は膨らむばかり。
朝一にそんなコメントを目にした日は、その日一日気分最悪、という感じでした。

最近はある程度免疫がついてきましたが、それこそ初めて「アンチコメント」がきた時は、怖くて手が震えましたよ。

本当にこんなことを書き込む人っているんだ。と。

傷つくのに理由はない。虐められる側に理屈は通らない。

昨日インスタグラムを見ていて、とある投稿に息が止まりそうになりました。

私のYouTube動画のサムネをわざわざ加工してくださったようです。

 
 
※現在このアカウントは利用停止になっています。
 
いくら免疫がついているとは言え、これはさすがにびっくりしますよね。笑
悲しいと言うより、びっくりしました。

理屈では分かるんです。
こんなことまでする人は本当に暇で、相手にする価値もない。
馬鹿らしい、放っておけばいいと。

でも、私は人間だから、当然傷つくんですよね。

なので実際これをやってしまった人には
「おめでとうございます、あなたの行動で私は確かに傷つきました。」
とお返事したいと思います。

無事成功、目的達成、といったところでしょうか。

ただ…。

これを見て、驚き、泣いた自分を客観的に捉えてみると、
「虐められる側に理屈は通らないなあ」とつくづく思います。

 
 
「虐められてもあなたは悪くないんだから大丈夫」
「気にしなくて大丈夫」

 
ありがちな言葉です。

でもこれって、虐められている当の本人、そしてびっくりして感情が高ぶっている時にはあまり通じない理屈ですね。

とにかくただただ、びっくりして涙が止まらないんです。
結局、話せる方に事情を話してなだめてもらい、落ち着きましたが…。
 

人を傷つければ、必ず同時に自分が傷つく。

 
この日のライブでもお話したのですが、辛辣なコメントを書き込む方が、いつもいつも「悪人」なのかというと、私はそうは思わない(思いたくない)んです。
 
たまたまその日すごく嫌なことがあって、そしてたまたま私の動画だのライブだのを見て、気にくわないことを聞いたから書き込んだ。
 
そんなこともあるでしょうから。
 
 
でもね、人を傷つけてストレスが発散できるなんて、ありえないです。

人を傷つければ、必ず同時に自分が傷つくはずです。

 
人を傷つけてストレスを発散しようとした自分に対して、さらにストレスがたまるんです。
 
私は正直、傷つけられて泣かされることに対し、怖いとは思いません。
それもまあ、「私の人生の一つのコンテンツ、経験として有りかなあ」と思うからです。笑
 
 
でも、私は、こうした行動をしてしまう方のことが、とても心配です。
 
どうかこんなことをする時間があるのなら、美味しいものを食べるなり、美しい映画を見るなり、外を散歩するなり、他のことに時間を使ってください。
 
その方が、よほど有意義な時間です。
私なんかに構うより、ストレスも多少減るでしょう。

この時代にたまたま生まれ合った同士、傷つけ合うより助け合いたい。

この世界は確かに生きづらいです。

毎日ただただ穏やかに過ごしたいと願っても、そうはいかないのが現実です。

一生懸命頑張ってるのに、正しく扱ってもらえない。
毎日毎日、理不尽なことばかり。
思い通りにいくことなんて、ほとんどありません。
はらわたが煮えくり返るようなことも、そしてそれを声に出せないこともあるでしょう。
 
どうして自分だけ、こんな目に合うんだろう?
 
そう思ってしまうかもしれませんね。

 
でも…。
みんなそうなんですよね。

生きづらい世の中です。
誰か一人だけが、人生イージーモードなんて、有り得ると思いますか?

 
この世の中、少なくとも人間たちは、一人一人が小さくてか弱い存在です。

それでも。

か弱いものがなんとか支え合い、慰め合いながら。
日々の少しの幸せを、分け合いながら生きていくしかないんです。

 
そしてこの幸せを分け合う行為自体が、とても尊いことだと思うんです。
 
今、この時代にたまたま生まれ合った同士じゃないですか。
 
わずかばかり与えられた時間、一人一人が自分らしく生きるために、傷つけ合うより助け合いませんか。
 
 
今、自由な働き方がどんどん広がっています。
そんな中、姿なき存在に攻撃されてしまう方も、残念ながら増えていくかもしれません。
 
でも、決して怖がらないでください。
屈しないでください。
あなたはあなたらしいやり方で、自分の生き方を貫いてください。

私もそうします。

 
 
※悪質なコメントや行動に関しては、ブログやYouTubeを始めてから現在に至って、すべてのデータを証拠保存しています。
 
 
 
 
ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。