ポーランド

ポーランドで服のお土産を買うなら♪ユーモアたっぷりのPan tu nie stałに行こう!

ポーランドで服のお土産を買うなら

こんにちは、ゆきみん(@yukimin_jp)です。

この記事では、ポーランドでぜひ訪れたい超ユニークなアパレルショップについてご紹介します!

シャレの効いたデザインアイテムが揃うお店

ポーランドの服
お店の名前は”Pan tu nie stał”

ポーランド語で「あなたここに立っていなかったでしょ」と言う意味です。

共産主義時代のポーランドでは、食料や日用品を求めて配給に並ぶことは当たり前でした。
一つのパンをもらうのに、家族が交代で丸一日並ぶこともあったとか。

そんなとき、途中で列に割り込む人に(本当に割り込んだのか定かではないですが笑)、
「あなた、いなかったよね?」と。

何か一つ手に入れるにもワーワーと揉めてた時代を思い起こさせる言葉だそうです。

ポーランドで服のお土産を買うなら
服以外にもアクセサリーや雑貨類も充実しています。

ピンバッチや靴下など、お土産に持ち帰りやすいものも揃っていますよ!

お店の様子は動画でご紹介しています!

こちらの動画で、私が実際に購入したシャツや、店内の様子をご紹介しています。
ぜひご参考くださいね。
※訪れたのはワルシャワ店です。

Pan tu nie stałの店舗はワルシャワ、クラクフ、ウッチにあります

インターネット販売もされていますが、ポーランドの首都ワルシャワ以外にも、クラクフ、ウッチにもお店があります。
観光で訪れた際にぜひ行ってみてくださいね。

<ワルシャワ店>
ワルシャワメトロPolitechnika駅からトラムで2分。
徒歩なら10分ほどの場所にあります。

 
<クラクフ店>

<ウッチ店>

★お店の公式サイトはこちら。

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職。「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。