語学学習

20ヶ国語が話せるスティーブ・カウフマンさん直伝!話すための語学学習方法とは?

20ヶ国語が話せるスティーブ・カウフマンさん直伝!話すための語学学習方法とは?

こんにちは!ゆきみん(@yukimin_jp)です。

今回は、20ヶ国語が話せるスティーブ・カウフマンさんについて、ご紹介したいと思います。

最近、私の語学に対するモチベーションをグンと上げてくれたイケオジです!笑

20ヶ国語が話せるスティーブ・カウフマンさんって何者?

動画の冒頭でもお話いただいたのですが、スティーブ・カウフマンさんは元カナダ大使の世界的言語学者。

書籍の執筆や大学での講義などに引っ張りだこの、ポリグロット(多言語使用者)です。

20ヶ国語の中でも、日本の会社にお勤めされていたこともあり、日本語はとても流暢。
インタビューでの意思疎通も全く問題ありませんでした。
(むしろ私の方が喋るの下手。笑)

現在はYouTubeや語学学習システムの開発などを通して、ご自身の経験を元に、言語習得の面白さをたくさんの方に広めています。

 

一味違う!スティーブ・カウフマンさんのメソッド

  • 単語リストはあまり意味がない
  • 文法のテキストはなるべく薄くて小さいものを

こちらの動画でお話しされているように、スティーブさんが提唱している方法は一般的な語学学習の方法とは一味違うところが多いです。

でも、その方法がちゃんと理にかなっているんですよね。

お話の中でも、「言われてみれば確かに…」というポイントがいくつもありました。

実際私も中学の頃から真面目に英語勉強してきた割に、そんな話せないですからね…。

今回スティーブさんが教えてくれたのは、テストの点を取るためではなく「話すための語学学習方法」。

動画では、

「初めからネイティブとコミュニケーション取らなくてもいい」

「とにかくたくさん聴いて、たくさん読む」

といったお話を詳しくしていただきました。

ゆきみん
ゆきみん
目から鱗!

そんなスティーブさんのこれまでのメソッドをすべて詰め込んだシステムが「LingQ」
スティーブさん監修、とかではなく、マジでスティーブさんが作ってる(笑)ので本当に信頼がおけるシステムです。

私も実際使用していますが、お世辞抜きでめちゃくちゃおすすめです!

ネットで見つけた記事や、Netflixのお気に入りのドラマなど、好きなものをガンガンインポートしてそれをそのまま教材として使うことができるんです。

つまり拡張型のテキスト。
高い紙の参考書買うより絶対いい!

LingQオリジナルのテキストも音声共に質がすごくいいです。

ゆきみん
ゆきみん
読み上げスピードの変更ができるところもお気に入り!

こちらから登録いただくと、35%OFFで超お得です!

何より、スティーブさんの話を聞くとほんっとうにモチベーションが上がる!

やっぱり語学は無理にやるものじゃないし、楽しく続けるのが一番ですもんね。

スティーブ・カウフマンさんのように歳を重ねたい。笑

「74歳のスティーブは20歳のスティーブよりも、語学習得スピードが速くなりました」
と、ハッキリ言い切るスティーブさん。
 
語学学習の経験が増えれば増えるほど、脳が柔軟になっていったそうです。
 
スティーブさんの何がすごいって、20ヶ国語が話せるのはもちろん、それ以上に御歳74歳でYouTuberをやったり、新しい語学システムを開発するその精力的な姿ですよね。
 
これもおそらく、多数の言語を習得する中で養われてきたのだと思います。
 
 
ゆきみん
ゆきみん
  こんな風に歳を重ねたいものだ…
 
語学学習で行き詰まっている方、これから語学学習を始めてみよう!という方、ぜひスティーブさんのメソッドを取り入れてみてくださいね。
 
 
ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。