おすすめ紹介

【正義と微笑】悩みが尽きない大人に読んでほしい。太宰治が書く明るい文章

ゆきみんオススメ本

こんにちは!ゆきみん(@yukimin_jp)です。

「ゆきみんオススメ本」記事では、これまで私が読んできた本の中で、忘れられない強烈な作品、何度も読み返している作品を1つずつ紹介していきます。

皆さんにとって大切な一冊になれば、とても嬉しいです!

【正義と微笑】悩みが尽きない大人に読んでほしい。太宰治が書く明るい文章

ゆきみんオススメ本第一回は、太宰治「正義と微笑」
日本文学の中で、私が一番好きな作品です。

これまで何十回と読み、音読までするくらい好きです。
(言葉の運び方も滑らかな文体で、つい声に出して読みたくなるんです)

太宰治といえば「人間失格」や「斜陽」が有名。
「正義と微笑」というタイトル自体、初めて見る方も少なくないと思います。
※ちなみに「微笑」は「びしょう」と読みます。

かなり短い作品で、文庫版では新潮文庫の「パンドラの匣」に収録されています。

パンドラの匣 (新潮文庫)

パンドラの匣 (新潮文庫)

治, 太宰
572円(07/11 11:34時点)
発売日: 1973/11/01
Amazonの情報を掲載しています

「正義と微笑」あらすじ

「正義と微笑」は、とある少年の葛藤が日記形式で綴られている作品です。

8歳のときに実業家・政治家の父を亡くし、現在は病気の母と結婚を控えた姉、帝大生の兄と暮らす少年。
16歳から17歳までの多感な時期の日々が書かれています。

「微笑もて正義を為せ!」というモットーを掲げ、憤りや悩みにぶつかりながらも前に進んでいく少年。

太宰治といえば、とても暗くて陰鬱な作品を書く作家というイメージが強いかもしれませんが、この作品は真逆。

作品全体を通して、突き抜けるような明るさがあります。

暗さから出てくる明るさはこんなにも強烈なのか!と、驚かされますよ。

何度も救われた、作品中で最も好きな文章

「正義と微笑」の中で私が一番好きな文章は、作品の最後の日の日記に書かれています。

まじめに努力して行くだけだ。これからは、単純に、正直に行動しよう。知らない事は、知らないと言おう。出来ない事は、出来ないと言おう。思わせ振りを捨てたならば、人生は、意外にも平坦へいたんなところらしい。いわの上に、小さい家を築こう。

これまでこの文章に何度も救われましたし、私がモットーにしている言葉でもあります。

散々悩んだり打ちひしがれたりした少年が、最後に導いた結論。
作品を最初から読んだ上でこの文章を読むと、自然と涙が出てきます。

悩みが尽きない社会人にこそ読んでほしい作品

私がこの作品を初めて読んだのは大学生の頃でしたが、特に読み込んだのは社会人になってからでした。

会社で働き始め、右も左も分からず、周りと比べては落ち込むばかりの日々。

分からないことを分からないというだけでも、恥ずかしさと恐怖でいっぱいでした。

毎日同じようなことで悩み、一体いつまでこんな日々が続くんだろう、と考えてばかり。

 

そんな時、この作品を読み返して大切なことに気付かされたんです。

「そうだ、人生はそこまで複雑に考えなくてもいいんだ」と。

もっと素直に、自分がこうだと思うように、単純に、正直に、生きていけばいいんだ、と。

「正義と微笑」は、こちらから無料で読めます

「正義と微笑」はもちろん文庫本で読んでもいいのですが、こちらのKindle unlimitedのリンクから無料で読むことができます。

「正義と微笑」だけでなく、どの作品も30日間無料体験ができるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
(30日間終了後、退会することももちろん可能です)

ゆきみん
ゆきみん
とてもオススメです!

また、耳で読書ができる「オーディブル」もオススメ。
残念ながら「正義と微笑」はないのですが、有名な日本文学をはじめ、人気の実用書やベストセラー作家の作品がかなり揃っています。

無料体験についてこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご参考ください。

【30日間無料体験】アマゾンオーディブルで「聴く読書」を始めよう!
ゆきみん
ゆきみん
素敵な出会いがありますように!

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。