ミニマリスト生活

ミニマリストが捨てるのを目的にしてはいけない理由【断捨離とは違います】

ゆきみん
ゆきみん
捨てるのが目的になってない?

こんにちは、ゆきみん(@yukimin_jp)です。
今日は「捨てる作業と時間」について、お話します。

ミニマリストになるのは、かなり大変

ミニマリストになるのは、予想以上に大変。

要る要らないの取捨選択にはかなり時間がかかります

私はもともとそんなにモノが多い方ではなかったのですが、ミニマリストを意識してから2ヶ月経っても、まだ整理しきれていないものが結構あります。

捨てることに時間をかけていないか?

「捨てることに時間をかけすぎている…」
モノを整理しながらある日思ったんです。

ミニマリストになって、時間が増えた話で書いたように、私にとってミニマリストになる最大のメリットは、時間が増えること

なのに、モノを捨てることに執着し、そこに時間をかけていては、元も子もありません。

これに気付いてからは、捨てる作業になるべく時間をかけないよう、意識するようになりました。

捨てるのが目的ではない

捨てるのが目的になってしまうと、その作業自体に時間がかかるだけ。

大切なのは、「捨てて、何を得るか?」を考えることです。

私の場合は時間を得ることが目的。
であれば、「捨てて得られる時間<捨てる作業にかける時間」になってしまってはいけないんです。

ここの見極めはとても大事。

たとえばミニマリストを決意して「洗濯機を捨てた」とします。
洗濯機を捨てれば、確かにモノは減りますよね。
でも、自分で洗濯をすることになるので、洗濯にかける時間は捨てる前の何倍にもなります

はたしてそれでいいのか…。
手洗いが大好き!ならいいのですが、この場合、モノを減らすことで時間まで減ってしまう
これでは、失うものだらけです。

ゆきみん
ゆきみん
モノを減らすことで何を得るか?何が増えるか?
をまず考えましょう!

<おすすめの本>
「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

ミニマリストになる=捨てるだけの作業ではない、が分かる本です。

おしまい。

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。