初心者向け★無料ブログ講座
その他外国

DFDSシーウェイズで、オスロからコペンハーゲンまで船旅したよ!

ゆきみん
ゆきみん
オスロからコペンハーゲンまで、船で行こう!

北欧ノルウェーのオスロから、デンマークのコペンハーゲンまで、DFDSの大型クルーズ船「Crown Seaways」で一泊二日の船旅。

クルーズ船での旅は高いと思われがちですが、実はそんなこともないんですよ。
ホテル&交通手段込みで、かつ船内のアクティビティも免税価格で楽しめることを考えれば、とってもお得なんです。

オスロ観光後、港へ

利用したのは、16:30にオスロを出航し、翌日の朝9:30にコペンハーゲンに到着する便。
昼間オスロ市内を観光した後に港に向かえば、効率よくスケジュールが組めます。

2018年にリノベーションされたばかりのクラウンシーウェイズ。おっきい!

 

コモドアクラスでの宿泊

船内に入ったら荷物を置くため、さっそく部屋に向かいます。

なお、出航時刻より30分ほど早く乗船することができました。
混雑回避のために早めに行くことをおすすめします。

どこでもドアみたい。

2018年にリノベーションしたばかりということもあり、部屋は思っていたよりも清潔でデザインもおしゃれ。
日本でいうビジネスホテルのような感じです。

客室のテレビでは、船の現在地をリアルカメラで確認することもできます。

水回りもきれいに清掃が行き届いています。
シャワーの水圧も十分でしたよ。


デスクにはWi-Fiの利用案内や、朝食のチケットが置かれていました。
Wi-Fiを利用するにはこちらの案内を船内のカウンターまで持っていく必要があるので、ご注意を。

今回宿泊したのは「コモドア」というタイプの部屋。
部屋のタイプはランク順に

  • 「コモドアデラックス」
  • 「コモドア」
  • 「アウトサイド」
  • 「インサイド」

となっています。
「コモドアデラックス」と「コモドア」の違いは、部屋の広さぐらい。
寝る時以外は船内のバーやレストラン、ショッピングを楽しむことを考えれば、「コモドア」で十分だと思います。

なお、今回の費用は「コモドア」2人分で240€=約3万円

移動手段であるのはもちろん、なにせ北欧のホテルは高いですし、こちらは朝食ビュッフェも込み。
船旅が楽しめることを考慮すると、ものすごく安い!と思いました。

免税店やバーがいっぱい!充実した船内を楽しもう

免税店

オスロからコペンハーゲンまではどこの国にも属していないので、ショッピングは免税扱い。
空港の免税店のように、色んなものが免税価格で手に入ります。

北欧ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」「ジョージイェンセン」をはじめ、マリメッコやムーミンのグッズも揃っていました。

税金の高い北欧の方たちは、とにかくお酒コーナーに群がっていました。笑
箱で買っている方も少なくなかったです。

ウォッカからウイスキー、ワイン、ビール、なんでもあります。

もちろん北欧のお菓子「リコリス」も。
ノルウェー滞在後なので、なんでも安く感じてしまいます。

カフェ

船内にはスウェーデンでおなじみ、「エスプレッソハウス」も。
お酒よりコーヒー派の方はこちらへ。

見慣れたお店があると、海の上とはいえ少しホッとしますね。

バー

船内で一番充実しているのは、バーかもしれません。

一軒目に行ったところは、船内でも一番規模の大きいバー。
子どもから大人まで、年齢層問わず賑わっていました。

もちろんバーでのお酒も免税価格。
ヨーロッパではかなり安いほうで、東京のちょっといいバーで飲むのと変わらないくらいの値段です。

ステージではコンサートや、子供向けのアクティビティがひっきりなしに行われていました。

2軒目で訪れたのは、ちょっと大人向けのクラシックな雰囲気のバー。
ご年配の方が多かったかな?

ここでもライブ演奏がありましたが、曲はすべてカントリー調。
一軒目とは異なる雰囲気で楽しかったです。

DFDSシーウェイズに乗るなら、朝食はマスト!

「コモドア」以上の部屋プランには朝食が含まれています。

フルーツポンチがかわいい!
もちろんノルウェー名物、サーモンもあります。
ヨーグルトなどは瓶に一人分ずつ小分けにしてくれているのがありがたい。
フレッシュジュースの種類がとにかく豊富。

海の上で景色を眺めながら朝食を楽しめるのは、船泊ならでは。

個人的にはこの朝食はマストだと思います。
一生忘れられない時間になりました。

夜のバーの賑やかな感じとは打って変わったような静かな雰囲気は、高級ホテルのよう。
給仕さんの振る舞いも、とても素敵でした。

ノルウェーからデンマークまでは飛行機だとたったの45分ですが、船旅だと半日かけて様々な体験ができます。

ゆきみん
ゆきみん
とってもおすすめです!

<北欧観光におすすめの本>
北欧は近隣の国へのアクセスも簡単なので、訪れる際は一国のみならず、色々回ってみてください!

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。