会社を辞める

定時退社徹底したら、会社を辞めることになったんだが【予想外】

定時退社

私が定時退社を徹底したのは、社会人3年目の頃から。

上司に何を頼まれようと、どんなに取引先から電話が掛かってこようと、必ず帰る。

最初の頃は少し後ろめたさも感じていましたが、途中からは開き直っていましたね。笑

そしてその結果。

…会社、辞めることになりました。

定時退社徹底したら、会社を辞めることになったんだが【予想外】

定時退社
最初にお断りしておくと、会社を「辞めさせられた」わけではありません。

辞めることになったのは、
「定時退社を徹底したことによって、気付いたことがたくさんあったから」。

では何に気付いたのか?以下、お話します。

収入がかなり増えた

「実際に会社を辞めて自分で仕事をするって、どんな感じだろう?」

これを手っ取り早く体験できるのが、
「定時退社して、何かやってみる」
です。

もちろん定時退社すれば、今まで残業していた時間分の残業代はもらえません。

残業代というのは通常の給料よりも、いくらか割増で付けられますよね。

「残業代がもらえないなんて、家のローンが…」

と頭を抱えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

でも、その残業時間で全く新しいことを始めたら…?

例えば、

  • ブログのアフィリエイト収入
  • YouTubeの広告収入

本気でやれば、残業代くらいは余裕でまかなえます。

私も始めは半信半疑だったのですが、実際手を動かし始めると

「あれ、思っていたよりお金もらえるんだな?笑」

という感じでした。笑

 

もちろん有名YouTuberさんのように大金が入るわけではありません。
それでも食べていくに困らないくらいの収入はあります。

ブログやYouTubeといったネットを通した仕事をしていると、

「それって、本当にお金入るんですか?実はそんなにもらってないでしょ?」

という質問をよくいただきます。

でもこういった質問をくださる方は、これまでネットでの収入を得たことがない方がほとんどではないでしょうか?

ブログでもYouTubeでも、真剣にやればそれなりにお金は入ってくるものです。

挑戦してみたい!と心のどこかで思っている方、ぜひ一度チャレンジしてみてください。
ゆきみん
ゆきみん
  やってみないと分からない!
私の場合、最初は会社からのお給料に、プラスで副収入がある状態でした。
が、それなりのお金が入ると分かったので、完全にこちらにシフトしてみようと思ったんです。

「残業代がもらえない…」
      ↓
「定時退社して、残業代以上に稼ごう!」

最初のモチベーションとしてはアリだと思います。

ちなみに…

会社勤務されている方の中には

「うちの会社は副業禁止なんだけど…」

と心配されている方もいらっしゃると思います。

就業規則に書かれている場合もあるでしょう。

しかし、「副業を全面禁止すること」は、法律上許されていません。

もちろん副業に集中しすぎて会社での仕事がおろそかになってしまうのは問題。

でも、そんな状況はよっぽどのことだと思います。

(むしろそうなったら会社を辞めて本業を変えるべきです)

それにこの時代、副業を禁止する会社よりも

「副業で得た知見を会社に活かしてほしい」

と考える会社の方が多いのではないでしょうか?

私は会社員時代の頃からブログやYouTubeで収入を得ていましたが、会社にはまったく確認を取らずにやっていました。

(就業規則には禁止とありましたが!)

正直このへんについては、やったもん勝ちじゃないかな、と思います。笑

ゆきみん
ゆきみん
気にし過ぎないで!

場所に縛られない働き方を知った

定時退社
「場所に縛られない働き方」は最近様々な企業で取り組みが始まっていますよね。

でも、現実的にはなかなか難しい話。
制度は完成していても、本当に実行できている会社は少ないのではないでしょうか。

そんな環境でヤキモキしている方もいらっしゃると思います。

 

定時退社を徹底することにより、私は「場所に縛られずに働く」を実際に体験することになりました。

会社帰りにPCひとつ持ってお気に入りのカフェに行く。
家で音楽をかけながら作業する。

場所が自由というだけで、なんて快適に仕事ができるんだろう!と思ったものです。
そして元々海外に住んでみたいという思いもあり、今このブログはポーランドで書いています。

「実際に会社を辞めて自分で仕事をするって、どんな感じだろう?」

 手っ取り早く体験するために

「定時退社して、何かやってみる」

体験することで、「あれ、自分にはこっちの方が向いてるかも!」と思うかもしれません。
(もちろん、毎日会社に顔を出すことがモチベーションになる方もいると思います。ここは人それぞれですよね。)

時間の価値を改めて知った

定時退社

正直私は会社で残業をしていたとき、まともに仕事をしていませんでした。

「まともに仕事をしていない」
と言うと語弊があるかもしれないのですが…。

ただ、ダラダラと仕事をしてしまっていたのは事実。
人間の集中力にはやはり限界があります。

定時以降に作った資料を翌朝見返すと、
「なんじゃこれ!全く使い物にならない!」
ということも少なくありませんでした。笑

その点、定時退社して一旦気持ちをリセットした上でブログの記事を書き始めると、また集中力が湧いてくるんですよね。

割増で給料をもらっているのにダラダラ仕事をしているなんて、自分のためどころか会社のため、社会のためにならない。

定時になったらケジメをつけて、会社を出ましょう!

「ダラダラ残業」をやめて、「新しいこと」を始める

会社で1日働いたら、疲れて新しいことなんてできないよ…。
と思う方も、実際始めてみると案外楽しく続けられるはずです。

やってみたいことが増えた

退職して海外
定時退社後に私がやっていたことは、ブログやYouTubeだけではありません。

自由に使える時間が増えた分、もちろん読書をしたり、気になる場所に出かけたり。
以前に比べてかなり知見が広がりました。

そしてそれに伴い、自分の価値観や考え方を見直す機会も増えました。

その結果、やってみたいこと、挑戦してみたいことがどんどん増えて、居ても立っても居られなくなったんです。

会社を辞めた理由はこれだけではありませんが、でも「他にやりたいことができた」というのが理由の一つであることは事実。

これは実際に定時退社をしてはじめて分かったことです。

定時退社をしたら、やりたいことが増える。

想像は想像のままでストップしますが、一歩踏み出したところから見える景色は全然違いますよ!

定時退社で人生180度変わった

定時退社を徹底したことは、会社を辞めるにあたって大きなきっかけになりました。

でも一方で、ケジメをつけて働くことで公私のバランスがとれ、会社自体がもっと楽しめるようになる方もいらっしゃると思います。

「なんとなく毎日ダラダラ残業してしまっているなあ」という方、「定時退社」することから、働き方を見直してみてはいかがでしょうか?

思わぬチャンスがあるかもしれません。

最初は「とにかく帰る」という形だけになってしまうかもしれませんが、まずはそれが大事。

だんだん意味のあるものになってくるはずです!

このブログでは他にも私が会社員時代〜退職に至るまでに悩んだこと、今のライフスタイルについていろいろ書いているので、ぜひご参考いただければと思います!

会社はとりあえず3年我慢=自由な時間を3年も無駄にすることになる
会社で3年我慢→自由な時間を3年も無駄にするけど、それでいいの?この記事では、 「会社でとりあえず3年我慢を信じると、自由な時間を3年も無駄にするけど、それでいいの?」 って話をしたいと思...
ゆきみん
ゆきみん
より良い生き方を!
ABOUT ME
ゆきみん
「ありのままの自分を仕事にしよう」。"スゴイ人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万人。