仕事の悩み

仕事でミスして辞めたい人へ、これからするべきことを教えます【即実行】

仕事でミスして辞めたい人へ、これからするべきことを教えます【即実行】

仕事でミスして

「会社辞めたい、もう無理だ」

と落ち込むことって少なくないと思います。

ミスした罪悪感がすごくて、

「もういっそこのまま会社辞めたらどうなるんだろう」

って思っちゃうんですよね。

 

 

…辞めます?

冗談抜きで。

 

私は割と

「ミスして辛くて仕方ないなら、会社辞めたっていいのでは?」

と思ってたりします。

何もそんな辛い思いしてまで会社で働かなくてOKです。

 

とはいえ、現実的には「ミスくらいで辞めるわけにはいかない」という意見が多いと思います。

なので今回は、私の経験から

  • ミスで落ち込まなくていい明確な理由
  • 具体的なミスの防ぎ方

についてお話しした上で、

「それでも辞めたかったら、やっぱ会社辞めてもいいんでねえの」

って話もします。

ゆきみん
ゆきみん
←実際辞めた人

仕事でミスして辞めたい人へ、これからするべきことを教えます【即実行】

仕事でミスして辞めたい人へ、これからするべきことを教えます【即実行】

これは言うまでもないんですが

「ミスは仕方ない」

ですよ。やっぱり。

 

人間だからね。

ロボットじゃないんだし。

ミスしない人を求めてるなら、会社はロボット雇えばいいじゃんね?

 

だから落ち込まないでください。

上司や先輩に怒られて凹んじゃうこともあるかもしれませんが、そんなことで怒る人って普通に考えておかしいですよ。

一生懸命やってる人のミスを責める権利なんて、誰にもないもん。

 

まあ仮にミスした側に非があるとしたら、それは

「ミス」に対して寛容になれ

ってことですね。

 

自分のミスを受け入れられない人って、きっと「他人のミス」に対しても厳しいはずです。

 

でもね、

他人のミスを許せない人は、自分のミスを許すこともできないです。

 

「ミス」に対してもっと寛容になりましょう。

そうすれば自分がミスした場合も、そこそこ反省したら立ち直れます。

 

自分のミスであれ、他人のミスであれ、すぐに許しましょう。

梨泰院クラスでヒロインが投資案件ミスりまくった時、セロイさん一瞬で許したじゃないですか。

あれですよ、大事なのは。

 

「ミスを許せない」ってのは会社でどうこう以前に、人としてヤバイと思います。

他人にも自分にも優しくしていったらいいんじゃないですかね。

ゆきみん
ゆきみん
優しい世界にしてこ

 

仕事でミスして辞めたい人は、ミスを防ぐ努力ができる人

仕事でミスして辞めたい人は、ミスを防ぐ努力ができる人

そもそもなんですけど

「仕事でミスして会社辞めたい」

って考える人って、めちゃくちゃ優秀な人なんじゃないかなーと思います。

 

だって普通そんなこと思いませんよ。笑

ミスしたってしなくったって毎月給料振り込まれるんだから

知らんぷりしときゃいいんです。

 

「ミスの責任とって会社辞めた方がいいよね…」

って考えるってさあ、、、さすがに真面目過ぎるよ。笑

 

そんな真面目な人って、ちゃんと「ミスを防ぐ努力」ができる人だと思います。

以下、ミス連発しまくりだった私が実行した「ミスを防ぐコツ」をご紹介します。

ゆきみん
ゆきみん
実際これでミス激減した

仕事のミスを防ぐコツ【資料作成編】

取引先へ提出する資料や、幹部に提出しなければいけない資料…

これらすべて、上司や先輩に一緒にチェックしてもらいましょう。

責任分散作戦です。はい。

 

ただ確認をお願いするだけだと、ザッと見るだけで終わってしまうかもしれないので、

「ここの数字はこれでOKですか?(圧)」

「この文言はこれでいいですよね?(圧)」

と、しつこくウザがられるくらい確認してください。

ミスするよりウザがられる方がマシですから。笑

 

私は実際にしつこく付きまとって確認してもらって、あるとき上司にすごく褒められました。

「1人でやってミスをするより、先に一緒に確認させてくれる方がありがたい」

ってさ!やっふい



仕事のミスを防ぐコツ【メール編】

仕事でミスして辞めたい人へ、これからするべきことを教えます【即実行】

仕事のミスで日常的に一番多いのは「メールの打ち間違え」だと思います。

私もそれはそれはよくメールの打ち間違いをして上司に怒られていました。

社内メールであれば、笑って済むこともありますが…

大切な取引先へのメールはなるべく慎重に送りたいですよね。

 

これ、単純ですが

「日をまたいだダブルチェック」

が一番確実だと思います。

 

ダブルチェックぐらいではね、ダメなんですよね。笑

書いたばかりのメールを読み直しても、ミスに気づかないことって結構あります。

あらかじめ送る予定がある案内メールなどは、前日に書いて一旦保存して翌日にもう一度見直す。

 

馬鹿らしいかもしれませんが、私はこれ3年以上やってました。

それでようやくミスが減ったって感じです(長い)。

 

次の日に新たな気持ちで見直すと、表記のミスだけでなく、表現や書き方も見直せます。

この方法を使って自分のミスを発見したこと、私は結構ありますよ〜。笑

仕事のミスを防ぐコツ【電話編】

電話でのミス、結構ありますよね。

「こう言ったつもりが、相手には違う内容で伝わってた」

みたいな。

聞き漏らしとかね。

 

あのですね、、、

もういっそ電話やめません??

 

電話得意な人ならいいんですけど

私自身、電話めちゃくちゃ苦手なんですよ。

下手したら顔を合わせて話すよりも緊張するかも。

 

電話がかかってくると、頭が真っ白になって何も入ってこないんですよね。笑

相手の話にうなずくだけで精一杯で、電話切ってから

「え、今の何の電話だった?え?え?」

ってことがマジでいまだによくある。笑

 

なので私は自分から伝えたい用件があるとき、絶対に電話しません。

自分から不利な状況作ってミスしたくないですから…

要件はすべてメールで送ります。

 

ただし、世の中には

「どうしても電話で伝えたい」

「メールなんて見ないかんね!」

みたいな頑固な人がいるので(笑)

その場合はこれでいきましょう。

電話の最後に「これからメールするので確認お願いします」を添える

んでメールする。

  • 相手から電話がかかってきた場合
    →相手の用件を文字に起こし、メールで再度確認してもらう
    「おたくの用件これで合ってますよね?」
  • こちらからかける場合
    →要件を文字に起こし、メールで再度確認してもらう
    「さっきの電話の内容をまとめるとこんな感じです、よろしくね」

「電話で話したのにメールで確認するなんて面倒くさがられるんじゃないの…」

と心配ですか?

でもね、経験上こっちの方が断然ミスが起こりにくく結果的に効率的。

 

もし面倒くさがられたら…

まあそういう人だと思って諦めて、こっちのやり方を通しましょう。笑

 

また、ビジネスの場では「言った言わなかった」が問題になることもありますが

メールはきちんと証拠が残るので、その心配もありません。

ゆきみん
ゆきみん
このメールが目に入らぬか!

 

どっちかというと「きちんと仕事をする人」という印象を持ってもらえることの方が多いので、むしろ良いことづくめです。

急ぎの場合は電話で相手を急かすことも大事だし、細かいニュアンスを伝えるためには電話も有効だったりします。

が、あくまでメインはメールでいきましょ。

電話はあくまで補助ツールとして考えればOKです。

ゆきみん
ゆきみん
自分のやり方でやればいい



仕事でミスして辞めたいなら、マジで辞めちゃってもいい

仕事でミスして辞めたい人へ、これからするべきことを教えます【即実行】

「仕事でミスして会社辞めたい」

って本気で悩んでるとしたら…

辞めたい原因はミスしたことだけじゃないと思います。

ミスって、人によっては笑い飛ばして済ますようなことですからね。

 

そんなミスで「辞めた方がいいんじゃないか」と自分を追い込んでるってことは、他にもっと大きな悩みがあるんだと思います。

気付いてないだけで。

 

私は「会社は辞めたって人生ふつうに楽しい」と思ってるし、現在それを実行中です。

このブログでは他にも私が会社員時代〜退職に至るまでに悩んだこと、今のライフスタイルについていろいろ書いているので、ぜひご参考いただければと思います!

【会社休みたい】休むのに理由は必要ない【上司は追いかけてきません】
【会社休みたい】休むのに理由は必要ない【上司は追いかけてきません】会社休むのに特別な理由なんて必要ないです。 上司、家まで追いかけてきたりしませんから…。 この記事では、 会社...

Twitter(@yukimin_jp)のフォローもお待ちしてまーす。

ゆきみん
ゆきみん
気楽にいこ
ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職。「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。