考えかた

【新入社員】失敗を繰り返すのは、挑戦している証拠【素晴らしい】

新入社員の失敗

こんにちは、ゆきみん(@yukimin_jp)です!

新入社員の方、毎日失敗ばかり、上司に怒られてばかりで凹んでいませんか?
自分なんてもうダメだ…と悩んでいませんか?

新入社員の方にとって、入社して数ヶ月は特に辛いときかもしれません。
でも、ちゃんと辛いと思えているのは、自分を成長させようと頑張っている証拠なんですよ。
だから、あまり落ち込まずに前を向いてほしいんです。

一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である

「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。」
アルバート・アインシュタインの言葉です。

裏を返せば、新しいことに挑戦する人ほど失敗をたくさんするということ。

新しいことに挑戦するのを恐れて、自分の得意なことばかりすれば、確かに失敗はしないかもしれません。
でも、それではまったく自分を成長させられないどころか、将来もっと大きな失敗が待っている可能性だってあるんです。

皆さんが働いている会社には、全く失敗しない、ミスしない方がいるかもしれません。
でも、そうした方の仕事っぷりってどうですか?

全く失敗をしない人は、おそらく挑戦をしない人。
なんとなく会社にいるだけの人ではないでしょうか?
ぼーっとしているだけなら、失敗はしませんから。

私が知っている限り、どんなに年次が上で、大きな役職についているベテランの方でも、新しいことに挑戦している方はよく失敗しています。

そしてその失敗によって、どんどん新しい発見をしています。

「新入社員で若手だから失敗する」
というわけではないんです。

成長し続け、学び続ける人は生涯にわたってずっと失敗と成長を繰り返すのだと思います。

あなたの頑張りを見てくれている人は必ずいる

今はまだ誰も褒めてくれないし、みんなに認めてもらえないかもしれません。
上司に怒られている最中も、周りからの目線が気になって仕方ないことでしょう。

でも、そこで腐らずに、コツコツ失敗と学びを繰り返してください。

なぜなら、あなたの頑張りを見てくれている人が必ずいるからです。

私も新入社員のときはすごく悩みました。
何をやっても失敗の連続、居場所がないなあと思っていたし、毎朝出社前はお腹が痛くてトイレにこもっていました。
 
内向的な私にとって一番苦手だったのは、会議や打ち合わせ。

頑張って一言でも発言しようとするのですが、毎回すごく緊張するんですよね。
自分の発言によってその場の空気が乱れるんじゃないか?
私の意見、この人はどう思うだろう?あの人はどう思うだろう…?

考えているうちに議論はどんどん進行していくし、でも何も発言しないとそれはそれで悔しい。

先輩たちが楽しそうに意見を交わすのを横目に、その場にいることすら辛くて逃げたかったです。
隣でハキハキ話す同期に引け目を感じて、このままではどんどん置いていかれてしまうと焦って仕方なかった。

挨拶や名刺交換、電話応対でのちょっとしたマナーですらいまいちサマにならない。
ときには取引先の方に失礼にあたることをしてしまい、上司に迷惑をかけまくり、こんなことなら会社に行かない方がマシ、行けば必ず失敗するんだから…と思ってしまっていました。

給料をもらいながら、自分は一体何をやっているんだろう?
会社に入って、本当によかったのだろうか?と。

苦しい日々はしばらく続きました。

そんなある日、遅くまで残業していた時のこと。
その日も上司にダメだしされ、資料を一から作り直していました。

すると、それまでわずかしか話したことのない方が私のデスクまでやってきて、

「いつも頑張っていてえらいね、考え方もしっかりしていて若いのにすごいね。毎日少しずつだけど成長しているのは、見ててわかるよ」

と声をかけてくれたんです。
差し入れのお菓子といっしょに…。

「ああ、ちゃんと見ててくれる人はいるんだ」
って。

その時初めて、ふて腐れずに自分のやり方でコツコツ真面目に頑張ってきて本当に良かった、と、帰り道涙が止まりませんでした。

どんなに上司に怒られても、先輩方についていけなくても、同期との差がどんどん開いたとしても、見ててくれる人に見ていてもらえれば、私はそれで十分だと思ったんです。

あなたが今、失敗して落ち込んでいること、それでも毎日頑張っていること。
どこかで必ず見ていてくれる人はいるんです。

新入社員はみんなどこかおかしい

「新入社員はみんなどこかおかしい。」

これは、私の上司が言っていたことです。

その時はどういうことか分からなかったのですが、今だからこそ納得できるんですよね。
新入社員の頃って、とっちらかったことをやってしまいがち。笑
今思えば、なんであんなことを平気でしていたんだろう?ということも、当時は正しいと思ってやっていました。

私、入社してすぐ、大きな失敗をしたんですよね。
取引先を巻き込むようなことで、「クビになってしまう」と本気で思いました。
上司からどんな怒られ方をするだろうと、頭が真っ白になったまま、とりあえず報告しました。

すると、上司は怒るどころか大爆笑したんです。笑

「新入社員はみんなどこかおかしい。」

ここでの「おかしい」は、漢字で書くと「可笑しい」

失敗しても、それはハタから見れば笑えることだったりするんです。

当時の失敗も、今思えば「なんであんなことでクビになると思ったんだろう?」
というような内容なんですよね…。

だから、失敗してしまったと思っても、すぐにそれをネタにしてしまうくらい前向きでいればいいと思います。
その失敗を乗り越えてコツコツ頑張れば、いつかそんな失敗は笑いのネタになります。

↓動画でもお話したので、お時間のあるときにぜひ見てみてくださいね。

 

新入社員、若手のみんな!ちゃんとご飯食べてる?

最近ちゃんとご飯食べてますか?笑

上でお話したとおり、失敗することはいいことです。
だから落ち込むのも悪いことではないし、自然なことだと思います。

でも、だからといってご飯が食べられなくなるほど気持ちが滅入ってしまったり、毎日が楽しくなくなってしまっては、元も子もありません。

なんのために働いているのか、分からなくなってしまいますよね。

仕事なんて、所詮仕事。
ご飯が喉を通らなくなるくらい落ち込む必要はありませんよ。

ちなみに内向的な性格だとお昼ご飯の時間もなかなか苦痛ですよね。笑
↓の動画をぜひご参考ください。

ゆきみん
ゆきみん
楽しくやろう。

 

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
YouTubeはじめました。