ブログ運営

ブログがネタ切れで書くことが見つからない!を打破する考え方

ブログがネタ切れで書くことが見つからない!を打破する考え方

こんにちは!

ブログで生きてるゆきみん(@yukimin_jp)です。

この記事では「ブログのネタ切れ」に困っている方に、必ずブログネタが見つかる方法をお話したいと思います。

私もブログを書き始めた当初、1日中考えてもネタが思いつかなくて「もう書くことなんもない!」とブログをやめそうになったことが何度もあります(笑)

が、これから紹介する方法でなんとか今日までブログを続けています!

ゆきみん
ゆきみん
やめなくてよかった

ネタ切れで悩んでいる方に、少しでも参考になれば嬉しいです!

※YouTube、ブログともに1年半ほど継続中。
YouTubeは登録者数2万人、ブログの収益は会社員時代の月給を超えています。

ブログがネタ切れで書くことが見つからない!を打破する考え方

ブログがネタ切れで続かない!を打破する考え方

ネタがないからと言って、ただ適当に文字を並べただけの文章を書くのはオススメしません。

ブログは誰にも見せない日記ではなく、ネットに公開するもの
「読者が必要とする記事」を書くようにしましょう。

その方が結果的にアクセス数も伸びますよ!

読者が必要とするブログ記事のタイプは、次の3つに分類されると思います。

  1. ニュース記事
    世の中で起きていることを伝える記事。
  2. エンタメ記事
    面白系や感動系などの記事。エッセイや日記なども。
  3. お役立ち記事
    読者が得をした気分になれる記事。

「ニュース記事」は大きなメディアがすぐに情報を仕入れるので、個人がブログの記事で取り上げるのは至難の業だと思います。

「エンタメ記事」はかなりのセンスの持ち主でないと正直続きません。
エッセイや日記なら、ただ書きたいように書くのではなくユニークで人の心を動かす文章を書く必要がありますね。

ゆきみん
ゆきみん
どっちも難しい分野

ということで、ネタ切れに悩んでいる方は「お役立ち記事」に絞って記事ネタを考えましょう!

「何を書けば読者が得をするか?」を考えれば、ネタは案外出てくるものです。

「読者の得って何??」
「結局何をどう書けばいいの??」

って方は次から紹介する方法で記事の切り口を考えてみてください。

①過去に悩んだことを掘り起こし、解決策を提案する

ブログの1記事目は何を書けばいい?収益化を目指すならまず書くべき記事

過去にめちゃくちゃ悩んだことを、何でもいいので思い出してみてください。
誰でも1つや2つ、ありますよね。

そしてそれをどう乗り越えたのかを思い出してみてください。

これだけです。
もう記事の構成はできあがりました!

ゆきみん
ゆきみん
シンプルイズベスト

悩みって、「自分だけが悩んでるんじゃないか」と思いがちですが…
そんなことないです!

案外みんな同じようなことで悩むものですからね。

例えばこの記事は

  • 私が過去にブログネタで困った経験

を元に書いています。

今この記事を読んでくださっている方も、ブログネタに悩んで検索し、ここに辿り着いたはずですよね。

悩んだらまずはググる!時代なので、「悩みを解決した方法」について書くとある程度アクセスは伸びます。

過去の自分にアドバイスするように書けば、スラスラと言葉が出てきますよ!

②買ってよかったモノやサービスを紹介する

これまでに買ってよかったモノやサービスを紹介しましょう。

皆さんも何か買うとき、実際に購入した方の感想をネットで調べた経験があると思います。

お金を出して買うわけですから、できるだけたくさんのレビューを見たいですもんね。

  • お気に入りのスキンケア用品
  • 毎日使っている電化製品
  • ネット動画配信サービス

など、紹介するものはなんでもOKです!
周りを見渡してみて、何か語れるものはないか探してみてください。

ちなみにオススメを紹介するとき、ちょっと工夫すれば収入を得ることもできます。
詳しくは別の記事に書いているので、ブログを収益化したい方はぜひ見てみてくださいね。

あわせて読みたい
ブログで稼ぐには何を書けばいいの?初心者さんが最初に書くべき記事はこれ!
ブログで稼ぐには何をどう書けばいいの?初心者さんが最初に書くべき記事はこれ!こんにちは! ブログで生きてるゆきみん(@yukimin_jp)です。 この記事では「ブログで稼ぐためにまず書くべき記事」についてお...

③レポーターになったつもりで記事を書く

ブログがネタ切れで続かない!を打破する5つの考え方

レポーターになったつもりで、現地レポを書いてみましょう!
とはいえ、特別な場所にわざわざ足を運ぶ必要はありません。

  • お気に入りのカフェ
  • 地元の穴場レストラン
  • 観光ガイドに載ってないお店

まだそこへ行ったことのない人のために、情報や感想もりもりの記事を書いてみてください。

イメージとしては、「食べログの口コミをめちゃくちゃ丁寧に書く」って感じですね。

ゆきみん
ゆきみん
写真もたくさん入れよう!

既に有名なスポットよりも「最近できたばかりのカフェ」や「穴場レストラン」のように、まだあまりネット上に情報がないネタを選ぶのがコツ。

書いている人が少ない分、アクセスを独占することができるからです。

観光スポットなら「観光ガイドに載っていないお店」を敢えて取り上げてみると◎。
旅行先だと詳しく書くのが難しいと思うので、自分の生活圏内にアンテナを張っておくといいでしょう。

「現地在住者オススメ!ケーキが美味しいカフェ5選」

ってタイトルを見ると、思わず読みたくなりませんか?

それでもネタが思いつかない原因はこれ

上で紹介した方法でもやっぱりネタが思いつかない!という場合、もしかしたら以下のことが原因になってるかもしれません。

①「書き切る」努力が足りてない

「ネタがない」のではなく、書き切る努力が足りてないかもしれません。

ゆきみん
ゆきみん
かつての私です

気持ちはめちゃくちゃ分かります。

書くべきことは分かっているのに、どうも書き進められなくて、

「あー、やっぱり書くことなんてないよ!!!」

と思っちゃうんですよね。

途中で

「いいテーマだと思ったけど微妙かも…」
「どうせこんな文章誰も読まないよね…」

と思う気持ちも出てきます。

でも、そんな気持ちが出てくる度に手を止めていたら、ブログの記事なんてひとつも完成しませんよね。

自信がなくても、途中でダメだと思っても、とにかく一度書き始めた記事を最後まで書き切る努力をしてみてください!

最後まで書き切る経験を積み重ねることで、ネタ切れ地獄から解放されるはずです。

②単純にインプットが足りない

「書けることはすべて書き切った!もうこれ以上何も出ない!」

という場合、単純にインプットが足りない可能性があります。
知識や新しい経験を増やして、書けるネタを作りましょう。

例えばある分野に関する本を10冊でも読めば、

  • それぞれの本のレビューを書く
  • 10冊分の知識をまとめる
  • 10冊読んで一番良かった本を紹介する
  • それぞれの本を目的や世代別にオススメする

など、書けるネタが一気に増えますよね。

経験を増やすと言っても、「海外旅行する」といった大きなことをする必要はありません。ネット上のサービスを使ってみた感想とかでもいいんです。

例えば

  • Amazonオーディブル
    (数々のベストセラー本がオーディオブックで聴ける)
  • U-NEXT
    (日本最大級のビデオオンデマンド) 

2つとも1ヶ月無料で試せるので、試してみた感想をブログを書くのも◎。
もし継続する気にならなかったら1ヶ月後に解約すればOKです。

もしくはここにある本や映画の感想を書けば、少なくとも1ヶ月はネタ切れしませんね。笑

起きてる時間はずっとネタを考えてるよ

私は基本的に、起きてる時間はずっとブログネタを考えています。

  • ドラマや映画を観て思ったこと
  • 友達と話しながら思ったこと
  • カフェで耳にした話から連想したこと
  • ニュースを見て考えたこと

こうしたネタはもちろん、ブログをやってなければ余裕でスルーするようなちょっとした悩みも、

「整理して記事にすればなんとかネタになる」

と考える癖がついています。

ブログを始めた当初はまったくそんなことなかったのですが、職業病というのか、良くも悪くも今はそれが体に染み付いています。
私だけでなく、ブロガーさんって多分みんなそうじゃないかなあ?と思います。

ふとした瞬間に考えたことが次の記事のヒントになるので、ぜひ意識してみてください!

あわせて読みたい
ブログはまだまだオワコンじゃない!今こそブログに力を入れてる理由
ブログはまだまだオワコンじゃない!今こそブログに力を入れてる理由こんにちは、ゆきみん(@yukimin_jp)です。 「ブログはオワコン」 「ブログの時代は終わった」 なんて言われる近頃ですが、...

 

ABOUT ME
ゆきみん
ゆきみん
大手メーカーを4年で退職、「会社辞めても楽しく暮らしていけるよ!」をお伝えしたくて、ブログを書いています。