会社を辞める

貯金いくらで仕事辞める?「1年分の生活費を貯めてから辞める」のがおすすめ

貯金いくらで会社辞める?安定を求めるなら会社は辞めない方がいいです

この記事では、

  • 仕事辞めたいけど
  • 貯金はいくらあれば安心?

とお悩みの方に、実際会社を辞めた私の経験談をお話ししたいと思います。

※国内メーカーに4年勤務し2019年3月に退職、現在はブログやYouTubeを中心に活動しています。

 

仕事を辞めるとなると、やっぱり心配なのがお金のことですよね〜。

 

私は入社してわずか4年で会社を辞めたので

めちゃくちゃ貯金がある状態で辞めたかというと…

正直まったくそんなことありません。笑

ゆきみん
ゆきみん
生きていけるかな〜

 

とはいえ、貯金ゼロの状態で辞めたわけではなく…

ある程度貯金がある状態で辞めました!

貯金たまるまで仕事辞めない?

貯金いくらで会社辞める?安定を求めるなら会社は辞めない方がいいです

会社を辞めたいと考えるなら、貯金は

「ある程度」

で十分です。

もっと言うと、とりあえず

1年分の生活費

が貯金できていれば、辞めても何とかなります。

 

むしろ、

「なるべくたくさん貯めてからにしよう…」

と考えてしまうと、いつまでたっても会社を辞められる日は来ません。

①貯金たまるまで仕事辞めない?

貯金いくらで会社辞める?安定を求めるなら会社は辞めない方がいいです

そう、

「貯金がたまるまで仕事辞めないの?」

って話なんです。

 

「いくら貯まれば会社辞められるかな?」

と不安に思っている方は、近い将来会社を辞めようと考えているはず。

やりたいことがあったり、単純に会社で働くのが好きじゃなかったり…。

 

今会社に勤めていることに、なにかしら疑問を感じているわけですよね。

「会社のために働く時間で他のことしたいな〜」って。

 

そこなんです!!大事なのは!!

 

やりたいことがあるなんて、ほんと奇跡みたいなものです。

望んでも、それこそお金払ったって、決して手に入るものではありません。

今やりたいことがあるって、めちゃくちゃラッキーなことなんです!

ゆきみん
ゆきみん
すごいこと!

 

会社辞めれば、当然ながら会社にかける時間も労力も、すべて「やりたいこと」にかけられますよね。

やってみてうまくいかなかったら、バイトでもなんでもすればいいんです。

やりたいことはどんなに頑張っても手に入りませんが、お金を手に入れる手段はいろいろあります。

 

「とはいってもリスクが…」

という気持ちはすごく分かります。でも、

挑戦にリスクは付きものです

(リスクがなかったら挑戦なんて言わない!)

もちろん挑戦しないリスクだって大きいですけど…

挑戦するリスクとしないリスク、どっちを取りますか?

 

②会社を辞めるとお金を使わなくなる

貯金いくらで会社辞める?安定を求めるなら会社は辞めない方がいいです

これは自信を持って言えるのですが、会社辞めると出費が減ります。

ゆきみん
ゆきみん
それもかなり!

よっぽどの浪費家とかなら別ですが、基本的にはめちゃくちゃ減ります。

 

なぜ減るのかというと、会社を辞めると見栄を張る必要がなくなるから!

※会社を辞めてからのお金の使い方についてお話ししています。

 

お金の扱いって何も難しくないんですよ。

どうやったら貯まるかとか、細かい方法いちいち考えなくていいんです。

要は、

出ていくお金を減らし、入ってくるお金を増やす

そうすれば、将来が不安になるほどお金がなくなるなんてことはありません。

 

考えすぎなくていいんです!

ただ使うお金を減らして、入ってくるお金を増やしてください。

ゆきみん
ゆきみん
シンプルに考えよう

 

実際、私は会社辞めてから自然とお金がたまりましたよ。

最悪なにもかもうまくいかなくてスッカラカンになったとしても、失業保険とか生活保護とか手立てはいろいろありますし!

 

「会社を辞める」というのは同時に「新しい挑戦をする」ということ。

貯金の心配はそこそこに、前向きに考えていく方がいいと思います。

ゆきみん相談

③変に貯金があってもぼーっとするだけ

ブログで稼ぐ上で、罪悪感は一切不要【今すぐ捨ててください】

例えば貯金を1000万ためて会社を辞めたとします。

まあ1000万もあれば、しばらくはウーバーイーツでも頼みながら悠々自適の暮らしが楽しめるでしょう。

 

が!

いずれ貯金が底をついて生活が苦しくなってくるのは目に見えてますね。

 

で、そうなった時にやっぱりまた働いてお金をゲットしなきゃいけないんですが…

さて、方法はどうしましょう…?

 

会社員としてまた一からやり直す勇気があれば別ですが、そう簡単にはいかないはず。

で、ここでハタと気付くわけです。

「なんでもいいからやっときゃよかった…」

って。

 

貯金に頼らず「何かやらなきゃ!」とブログの一つでも始めれば、その先の人生は大きく変わってきます。

  • 貯金1000万で会社を辞める
    →その場限りの安心。のちに困る
  • 貯金に頼らず会社を辞める
    →いい意味で焦る。スキルを身につけていく

例えばブログを運営するだけでも、最低限の「ライティングスキル」や「サイト作成スキル」が身につきます。

 

大きな収益が出なくてもいいんです。

ちょっとかじるくらいでもいいから、なにかスキルが身につくことをやっておけば、迷った時の選択肢が格段に増えます!

 

変に貯金があってもぼーっとするだけなので、辞めると同時に新しい仕事を作るのが◎。

辞める少し前から準備をしておくともっといいですね!

会社が辞められないなら辞めなくていいけど、個人で食べていく方法も考えよう
会社辞めるのが怖いなら辞めなくていいけど、個人で食べていく方法も考えよう こんにちは、国内メーカーを4年で辞めたゆきみん(@yukimin_jp)です。 会社辞めたい会社辞めたい会社辞めたい会社辞めたい会...

経済的な安定重視なら辞めない方がいい

【不安をなくすのは不可能】不安があっても挑戦する覚悟を決める
これを言ったら元も子もないのですが…。

経済的な安定を求めるなら、会社は辞めない方がいいと思います。

 

フリーになるというのは同時に、「経済的な安定を捨てる」ということです。

もちろん青天井で上がり続けることもできますが、会社員と違い毎月一定の給料が入るわけではありません。

調子がいい時・悪い時で差があるのが普通です。

 

「経済的な安定」を人生において何よりも大事だと考えるなら、フリーは向いてないと思います。

お金はお金、あってもなくてもそれなりに幸せ

こう思えるなら、会社辞めても経済的な不安に襲われることはないんじゃないかな!

 

たまに会社員時代の写真とか見返すんですけど、豪華な食事とか身に余る贅沢なものがいろいろ出てくるんですよ。笑

貯金いくらで会社辞める?安定を求めるなら会社は辞めない方がいいです

もちろんそうしたことにお金を使って楽しみたい人がいるのは分かります。

でも、私の場合は身の丈に合ってなかったな〜と。笑

 

周りに合わせて贅沢ランチを食べる必要もないし、だからと言って特に切り詰めてるわけでもなく

身の丈にあった気楽な暮らしが送れて今はとっても幸せです。

毎日自炊するのも結構楽しいですし!

ピザ自分でこねたら300円で作れますからね!笑

 

大切なのはお金がある喜びを知ること。

ない辛さを知ることではありません。

一年分の生活費は貯金しておこう

とはいえ、貯金ゼロの状態で退職すればその先の生活に困ることは目に見えています。

精神的にもとても辛いはず。

もちろん、

「ブラック企業から逃げたい」

といった追い詰められた状態だったり

心身ともに健康的な状態でなければ貯金額に関係なく今すぐ辞めるべきです。

(国のサポートが受けられます)

 

ただ、少し余裕があるなら

一年分の生活費は貯金しておく

のがいいと思います!

精神的にも安定するし、準備期間を取ることもできます。

 

ただし、むやみに貯金をするのはおすすめしません。

退職後の生活を具体的にイメージして、必要な額を考えた上で貯金するといいですよ◎

詳しくはこちらの動画でお話ししています!

 

「そうはいっても本当に辞めていいか迷ってしまう…」

「辞めてからの生き方で悩んでいる」

という場合、個別で相談に乗らせていただきますのでご検討くださいね。

オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】
オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】オンライン個人相談サービスでは、テレビ通話やチャットを通じてゆきみんと1対1で会話していただけます。 不安やモヤモヤしていること、...

 

このブログでは他にも「働きかた」「情報発信」に関する記事を書いているので、気になる記事からぜひご参考ください!

ブログで稼ぐには何を書けばいいの?初心者さんが最初に書くべき記事はこれ!
ブログで稼ぐには何を書けばいい?収益を生む書き方のコツこの記事では ブログで稼いでみたい でもブログに何を書けばいいか分からない とお悩みの方に「ブログで稼ぐた...
ゆきみん
ゆきみん
気楽にいこ
ABOUT ME
ゆきみん
「ありのままの自分を仕事にしよう」。"スゴイ人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万人。