会社を辞める

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方が怖い】

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方がもっと怖い】

「自分で決めるのが怖い」

これ、誰しも1回は思ったことあるんじゃないかなあ〜。

 

特に私は会社を辞める時、

「自分一人で大きな決断をするって、なんて怖いんだろう」

と思いました。

 

それまでいわゆる「レール」に乗ってきた人生だったので…

親には

「何があっても知らないから!!」

と言われ、ひとりぼっちになったというか…すごく心細くなったのを覚えています。

ゆきみん
ゆきみん
ひー

 

でも、今思えばそれが本当の意味で

「自立した」

タイミングだったのかもしれません。

社会人4年目にして、ようやく「社会人になった」って感じかな!笑

他人に決められる方がもっと怖い

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方がもっと怖い】

「自分で決めるのが怖い」

という思いの裏側には、

「自分で決めたら、失敗しても自分で責任を取らないといけない」

というプレッシャーがあるんだと思います。

 

これって、脅し文句みたいに使われますよね。笑

「好きにしていいけど、責任は自分で取りなさいよ!!」

みたいな。笑

 

でもね、本当にそうなのかなあ。

そもそも「責任」って何なんでしょう?

生きることは「仕事」ではないのに、そんな「責任」だなんて…

難しく考えなくていいと思います。

 

それに、思ってるよりも世界は優しいです。

「もう無理、どうにもならない!!」

と思ったら、その時は周りを頼ればいいんです。

自分一人で大きなプレッシャーを背負う必要はありません。

 

「あの時あなたが間違った選択したせいでしょ!」

と怒ったりする人は現実的になかなかいないと思うし

自分で決めた道を進んだ先には、きっと今よりもっと自分を受け入れてくれる人がいるはずです。

 

あとね、仮に他人に決めてもらったとして…

「あなたが引き止めたからじゃん!!!あの時会社辞めてたらどんなに良かったか!!」

なんて言えないですよね。笑

結局自分の人生は自分のものなので!

自分で「決められる」

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方がもっと怖い】

「決めないといけない」ではなく「決められる」

って考えると、少し気持ちも楽になると思います。

 

こういうの、私たちはよく

「自己決定権」

みたいな難しい言葉で語りがちですが…

なにもそんな大した話ではなく、

「自分の人生好きなように決めていいんだよ!」

ということです。

 

以前、個人相談を利用してくださった方から

「親が反対してるから、会社辞められなくて…」

とご相談がありました。

オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】
オンライン個人相談サービスのご案内【仕事の悩み、生き方、情報発信ノウハウ】オンライン個人相談サービスでは、テレビ通話やチャットを通じてゆきみんと1対1で会話していただけます。 不安やモヤモヤしていること、...

話の中で、私が

「辞めるか辞めないかは、ご自身で決めていいんですよ!」

と言うと、相談者さんは少し驚かれた様子でしたが

結局最後は

「辞めることにします!」

と明るい笑顔を見せてくださいました。

 

きっと、相談者さんの中で

「会社辞めたい、辞めた方がいい」

ここまではちゃんと辿り着いてたんだと思います。

 

ただ、

「自分で決めていい」

ということに気付きそびれただけなんですよね。

(※こちらのお話は相談者様に了承を得た上で掲載しています!)

 

みんながみんな

「それいいね!!やりなよ!!」

って言ってくれることなんてほぼないし

それなら自分の思いを最優先にするべきです。

最優先にしていいんです。

 

それに、私たちには

「失敗する権利」

だってあります!!

失敗から得られる経験は、失敗することを恐れて挑戦しない人には得られないものです。

 

そして、どうせ人生に「正解」なんてものはありません。

人生終了間際に、

「あなたの人生はこれで正解でした!ピンポンピンポーン!!」

と答え合わせされることもありません。笑

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方がもっと怖い】

正解はググっても出てこないです。

 

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方がもっと怖い】

本にも書いてません。

 

だから、

  • 世間的に正しいものはどれか
  • 世間の多数派はどっちか

こんなことを考える時間はとても無駄だし、何よりすごく苦しいです。

「世間的な正しさを考える」=「他人の顔色をうかがう」

ということだから。大変過ぎます。

 

だから、答えのない正解を探して疲弊してしまうよりも

自分にとっての幸せは何か

を考える方がよほど良いし、これこそが「自分の人生の最適解」なんですよね。

 

例えばこれって、

「収入」

とかもそうだと思います。

一般的に

「収入は多ければ多い方が幸せ」

と思われがち。

進路に迷ったら、とりあえず

「それなりの給料が安定して入るかどうか」

を第一に考える方も少なくないと思います。

 

もちろん私も会社を辞める時には、

「お金大丈夫かな、後悔しないかな」

という不安がなかったわけではありません。

 

でも、結局この収入で生活するのは私です。

「毎日高級レストランで食事するのが楽しい!」

という人もいれば、私のように

「家でテキトーに自炊してNetflix見る以上の幸せはない」

って人もいます。笑

【泣ける】フリーランスが時給換算してみた結果【超ド貧民】
【泣ける】フリーランスが時給換算してみた結果【超ド貧民】大学時代、塾講師のバイトは時給制だったので 「自分の1時間はいくらか?」 というのは明確でした。 会社員時代の...

 

「どんな方法でどれくらい頑張るか?」

これも自分で決めていいんです。

例えば、世間的には

「毎日会社に出勤して一定の給料を稼ぐ」

というのが良いとされがちですが…

もちろんそれも人によりますよね。

会社員として働くのが合っている人もいれば、そうじゃない人もいます。

【会社辞めてからの自己管理】仕事を続けられている理由
【会社辞めてからの自己管理】仕事を続けられている理由会社を辞めて2年半が経ちました。 もちろん、 何もかも順風満帆!! 人生楽し〜〜ひゃっほい!!! とはい...

幸せは自らが選択した時間の総量で決まる

自分で決めるのが怖いって、それ本当?【他人に決められる方がもっと怖い】

人生における幸せは、自らが選択した時間の総量で決まる

という話を聞いたことがあります。

これは経験上、本当にそうだなあと思います。

 

会社を辞めた後、私は自分で決めた場所で生活・仕事をしていますが

「自分で決めた」

だけあって、幸せの初期設定値が高いと感じるし

多少辛いことがあっても以前に比べると乗り越えやすくなりました。

 

もちろん、

  • 会社で働く・フリーランスとして働く
  • 日本で暮らす・海外で暮らす

こういうのにどっちが良い・悪いはないし、議論するだけ無駄です。

何が良いかは人によるし、

「自分で決めたわけではないけど、別に悪くもないなあ…」

であれば、無理に変える必要はありませんから!

 

ただ、忘れないでいたいのは

「自分には決める自由がある」

と知っておくこと!

ついでに

「失敗しても良い」

ということも知っておくこと。

いざ

「こうしたい!」

という思いが出てきたときに、ちゃんと動けるようにしておくことだと思います。

 

自分にとっての正解は自分にしか分かり得ない

これを受け入れて覚悟を決めれば、人生はもっと生きやすくなるはず。

 

もちろん自分にとって何が正解かなんて、明確に分かるものではないし

私も一生考え続けると思います。笑

でも、それが人生の醍醐味なんじゃないかな。

世間の基準に合わせて生きていくよりも、きっと楽しい人生になると信じています。

ゆきみん
ゆきみん
気楽にいこ
ABOUT ME
ゆきみん
「ありのままの自分を仕事にしよう」。"スゴイ人"じゃなくても情報発信で生きるための方法をお伝えしています。YouTube登録者数2万人。